エプソムソルトの効果:睡眠の質を上げ、皮膚を改善するか?

日頃のストレスや疲労・・。これらは睡眠の質を高めることで、かなり改善できる可能性があります。

また、中高年になると、悩みや不安も増えて不眠症状が出てくる割合も増えてきます。

この記事はエプソムソルト(硫酸マグネシウム)を使った入浴により、より睡眠の質を高めて心身のコンディションを良くしたい人、皮膚の改善(美肌効果)を狙いたい人へ向けて書かれています。

美容やダイエット手段として語られることが多いエプソムソルトですが、男女にかかわらず、健康法(睡眠の質の向上)、皮膚の改善を目指す人(アトピーに悩む人)の参考になれば幸いです。

睡眠の質を上げたいという切実な願い

朝めざめて心身軽やかにスッキリしている日もあれば、なんとなく体も気分も重く、どんよりしている日があります。当然その日の仕事や勉強、スポーツのパフォーマンスにも影響しますね。

原因は、深夜残業、つづく飲み会、連日の育児疲れ、数日前の運動・・・。

もしくは、悩みによる不安や精神、神経系が原因で、深い眠りが妨げられているとか??

こうした不眠症はとても辛いものです。

心身のコンディションは体のバイオリズムなどもかかわる複合的な要因もあって、原因をどれかに特定できないときもあります。

しかし少なくとも、睡眠の質を高めることで、より好ましいコンディション近づけることは確かなようです。

睡眠の質を上げるための入浴法(一般的な入浴剤)

睡眠の質を上げるために工夫の余地があるのが入浴法です。

具体的には、入浴の「長さ」「お湯の温度」そして「入浴剤の利用」の工夫により、より長く「よい睡眠時間帯」を得られる可能性があります。

一般的に風呂や温水のシャワーは、その日の疲れやコリをほぐし、心身のリセットするのに効果的で、体を温めて代謝を上げたり、血行をよくするのは、よく眠れて疲労の回復を早めます。(ただし風呂は熱すぎる湯に長時間つかるのは逆効果、NGですね)

入浴剤も充実し、湯に入れるとソーダのような泡が出る炭酸を配合した「バブ」、日本全国の有名温泉地の名前をつけて温泉成分を配合した「旅の宿」などが人気です。

これらは、とくに温浴効果という意味では効果的で、睡眠の質を高めることにつながると思いますし、入浴中の香りや色などにもリラックス効果はあるように思います。

私も以前、よく使っていて、それなりの効果を感じていました。

エプソムソルト(Epsom Salt)とは?

睡眠の質を高める点で、バブなどの一般的な入浴剤よりも、より効果を実感しているのが「エプソムソルト(Epsom Salt)」です。

エプソムソルトはソルト(塩)という名前ですが、塩分は入っていません。硫酸マグネシウムという無味無臭の白い結晶です。

もとは15~16世紀にイギリスの首都ロンドン郊外の「エプソム(Epsom)」という場所で発見されたので、この名前がついています。当時、エプソムの周辺(現在のサリー州)は、自然に湧いた温泉に硫酸マグネシウムが豊富に含まれていることから、有名な温泉街になったと言われます。

▲現在のエプソムの町(イギリス)(出典:Wikimedia Photo by Hugh Craddock

見た目が塩(Salt)のようなであったため、その硫酸マグネシウムの結晶が「エプソム(Epsom)のソルト(Salt)」と名づけられたそうです。

日本ではここ数年で有名になりましたが、イギリス発祥のエプソムソルトは、すでに欧米ではかなりメジャーなようです。

ハリウッド女優などのセレブたちをはじめ、イギリス出身のサッカー選手・ベッカム夫人のヴィクトリアさんなども、愛用していると言われます。

また、アメリカでは、バスケットやアメリカンフットボール、メジャーリーガーなどのプロスポーツ選手など、男性にも人気があるそうです。

 

一般的な入浴剤との違い(マグネシウム特有の効果)

この硫酸マグネシウムの成分は温浴効果があるため、実は市販の入浴剤や天然温泉(硫酸塩泉)にも含まれていることが多い成分だそうです。

しかし、エプソムソルトは硫酸マグネシウムそのものなので、より効果が高いと言えます。特にマグネシウムには、以下のような働きがあるとされています。

神経系、精神作用の鎮静

神経伝達物質の放出と受容体への結合にも大きく関与する。このことから、不安、うつ、不眠、多動などを鎮める。

出典:「栄養医学ガイドブック サプリがもたらす健康の回復」著者:柏崎良子、発行:学習研究社より

実際、体の芯から温まる温浴効果があるという点では、本物の温泉にかなり近い感じですが、市販の入浴剤よりも、温浴効果が長続きする気がします。

そして、一般的な入浴剤と異なる効果は、上記の神経系、精神作用の鎮静だと感じられます。

夏場のように暑さで目を覚ましてしまうことだけでなく、ときには、心配ごとで神経が興奮し、よく眠れないこともあるでしょう。

しかし、エプソムソルトで風呂に入った日は、朝起きる時間までぐっすりと眠れることが多く、不眠対策にもつながります。

エプソムソルトの値段例(コストパフォーマンス)

さて気になるお値段ですが、市販の入浴剤と比較して、少しほど高めかもしれません。

しかし、「欧米のセレブやプロスポーツ選手が注目するエプソムソルト」と言われますが、手が届かないような高価格でもないようです。

※同じエプソムソルトでも複数商品があり、購入量や製品によっては以下より安いものもありますが、今回はメジャーなエプソムソルト製品(Sea Crystal)を例に、記載しています。

<料金比較(一例)>

●旅の宿(薬用入浴剤)・・・ 入浴1回あたり(1袋につき):26~27円
●バブ・・・入浴1回あたり(バブ1個につき):33~35円
●エプソムソルト・・・入浴1回あたり(お湯150リットルに対して150g):52~53円
(1回の入浴の湯量は150~300リットルを想定)

<比較根拠>

上記はいずれもAmazonにて、それぞれに一番分量の多いパッケージを購入した場合の費用をもとに算出(販売価格は2018年7月時点)

●旅の宿・・・ 94包入セット1箱:約2500円
●バブ・・・48個入りパッケージ:約1580円
●エプソムソルト・・・10リットルパック:約3450円(1回につき150gを使用した場合、約66回分)

▲10Lパック。隣のペットボトルは1.5リットルサイズ(大きさ比較用)

▲エプソムソルトを入れたお湯。写真では緑がかってみえますが、実際は無色透明。

皮膚(肌)への効果は?

今回は睡眠の質を上げる点をご紹介しましたが、もう一つ皮膚への効果が認められます。たしかにエプソムソルト浴の翌朝は、多かれ少なかれ、肌がよりサラサラとし、つやが出ます。

荒れた肌(皮膚)が再生される感じです。女性の美容のために利用されることが多いのも納得!!

15年間も服用したアトピー剤を断ち切った1か月の温泉生活

筆者は子供のころから、アトピー性皮膚炎と付き合ってきて、40才を過ぎた現在も症状がよくなったり、悪くなったり、アトピーと付き合っています。完治はしないので、悪化しないよう、だましだまし過ごしています。

アトピーの場合、皮膚の状態のよしあしの原因は様々です。

たとえば筆者の場合、●ストレスの多少●接種する食事の質や量(油分は少なめがいいとか、食べ過ぎないとか)が体内側の大きな要因になっていると感じています。

外的要因としては、季節の変わり目は、悪化することが多いです。

皮膚状態の良し悪しへの対処法は、人によって、またその時の体質によって異なりますので、試行錯誤しながら、それぞれに合った方法を探ってゆくしかありません。正解は一つではないでしょう。

筆者は20代の頃から10年間近く、アトピー性皮膚炎、かゆみ止めへの対処法として、ステロイド系の薬を日常的に服用していました。

ステロイドは、皮膚にお悩みの人には有名ですが、効果は強いが副作用も懸念される薬です。10年経つ頃には、体内に蓄積したステロイドで外見も丸々として太り(いわゆるムーンフェイス)、どれだけ運動しても痩せることはできませんでした。

その後、通院している皮膚科をかえて、ステロイド対症療法から脱出。5~6年かけて、かゆみ止めのための錠剤を抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤へ変えました。ムーンフェイスは自然に解消されました。

しかしその後、「あること」をきっかけに、そうした抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤の服用も断ち切ることができました。

その「あること」とは「温泉」です。

約1か月間、東京には戻らず、日本の北から南までの温泉地を出張する機会があり、1週間に3~4日くらいの割合で朝晩と温泉につかっていました。

温泉療法を狙っていたわけでなく、気分よく温泉に入っていただけでしたが、おのずと皮膚の状態がよくなり、かゆみ止めの薬を内服しなくても、しびれや痒さがなくなっていったのです。

これは1~2泊の温泉旅行では感じられない効果でした。そして、それをきっかけとして、かゆみ止めのための薬を一切服用せず、生活できるようになったのです。

15~16年間続いた、アトピー性皮膚炎用の服用を1か月の温泉生活をきっかけに、止めることができ、その後、7~8年間、現在にいたるまで、かゆみ止めの薬を服用することなく、やりくりできています。

温泉との共通効果を実感するエプソムソルトの注意点

上記で温泉のことを記載した理由は、エプソムソルト(硫酸マグネシウム)入浴に、温泉と似た効果があると感じられるためです。

しかし、その皮膚への効果は、体外から体内に浸透させる方法による一時的な効果で、体質改善などの体内全体の根本治癒ではないことは注意しなければなりません。

もともと皮膚状態の良い人が美容目的で利用する場合はよいと思いますが、外的な対症療法である限り、それをやめれば、元どおりになってしまう可能性があります。

一方で、筆者の一か月の温泉生活と同じく、エプソムソルトによる一定期間の良い状態をきっかけとして、何かを変えるきっかけになる可能性はあります。

なお、皮膚の状態が非常に悪い場合は、エプソムソルト(硫酸マグネシウム)入浴についても、慎重にした方がよいと思われます。

エプソムソルト(硫酸マグネシウム)の濃度が濃すぎると、皮膚の炎症部分がしみる可能性があります。長続きする温浴効果自体も、皮膚の痒さを増してしまう可能性があるので、病院や皮膚の状態とよく相談した方がよいでしょう。

おわりに

上記は個人的な感想で、体感的、感覚的なものです。

効果は個人差があり、また、体質などによって、万人に同じ効果が感じられるとは限らないでしょう。

一重に入浴とは言っても、湯温や入浴時間(回数)、エプソムソルトの濃度も関係しますので、いろいろ試しながら、自分にあった方法で効果を実感したいですね。

なお、私が使用したのは「シークリスタル(seacrystals)」や「日本ガーリック株式会社」の製品ですが、ほかにもエプソムソルトを商品化したものはいろいろとあります。

また、エプソムソルトに香りを加えたラインナップも出ており、無味無臭のエプソムソルトに香りというリラックス効果を補ってくれるものもあります。

▼あわせて読みたいその他の健康法▼
~日本のセレブも利用する、おすすめの断食道場~