ファブリス・ジロット:バレンタインデーなどの贈りものにおすすめの高級チョコ・スイーツ

クリスマスやバレンタインデーやホワイトデー、記念日など、相手を思う気持ちを伝えたいときの贈りもの、どんなお返しをしたらいいか、迷うことはありませんか?

そんなときにプレミア感のある、おすすめの高級チョコ、ファブリス・ジロットをご紹介します。

ファブリスジロット

写真出典:ファブリスジロット公式サイト(http://www.fabrice-gillotte.jp/)より

スポンサーリンク

ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)って?

チョコレート好きなら誰しもが知るフランス人ショコラティエの巨匠。

どれくらいすごいかといえば、日本で言うところの「人間国宝」といったところです。

フランスで当時(1990年)の最年少26才で、“ショコラティエ”として国家最優秀職人章(M.O.F)の称号を授かっています。

2016年3月まで日本国内にファブリス・ジロット(以下:FG)のお店が4店舗ほどありました。

しかし、日本でFGの卸売りをしていた会社の事情で、余儀なく4店すべてが閉店。

そして、2018年1月、ファブリス・ジロットが再上陸。

2年ぶりとなるお店が青山でオープンしました。

スポンサーリンク

ファブリス・ジロットの日本直営店

ファブリスジロット青山本店
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-6 テラアシオス青山1F
営業時間:11時~20時(定休日:不定休)TEL:03-6805-0455
アクセス:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線『表参道』駅 徒歩4分

ファブリスジロット青山本店(日本)

▲青山通り(国道246号)を挟んで、青山学院大学の斜め向いに、青山通りに面してピエール・エルメがありますが、その横の細い道路を少し中に入ったところにあります。

ファブリスジロット青山本店(日本)

▲以前はスペイン・バーだった場所を改装したようです。お店のカラーである鮮やかなブルーと眩しい白の外観。

ファブリスジロット青山本店(日本)

スポンサーリンク

日本のファブリス・ジロット、感想は?

一言で、期待を裏切らない人間国宝が作りだす味。

チョコレートのガナッシュは、どれも食べ終わった後に舌に残る余韻がじわじわと長く続いて、チョコの繊細な味と奥深さを教えてくれます。

チョコ好き歴・数十年の女性の話でも、フレッシュでポップな感じが「やっぱりファブリス・ジロットの味だ」と大喜びしていました。

わかる人にはわかるらしい、特にフルーツ系が逸品!!

ファブリスジロットの包装

▲パッケージです。

ファブリスジロットのチョコレート

1箱チョコ4つ入り・・・約1800円。

この写真の4個入りセットでは、チョコレート1粒350円。箱代の400円も含まれたセットです。

少し値が張っている感もありますが、毎年、日本でやっている高級チョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ」でも、普通に1粒300~400円でいろんなチョコが売られてます。

フランスで作ったものを日本へ送っていること(輸送費)を考えれば、決して割高ではないかもしれません。

ファブリスジロットのマカロン

スポンサーリンク

まとめ

チョコ好きだけでなく、プレミア感のあるものをお探しの方におすすめできるスイーツです。

見た目にも高級感があふれ、バレンタインデーやホワイトデーに限らず、大切な人、スイーツが大好きな人へのプレゼントとして喜ばれ、重宝するでしょう。

バレンタインデーなど大型やのスイーツの催事に重なると、青山本店の品ぞろえが一時的に減ることもあるそうです。(本店の店員さん談)

特定のものを買いに行く際は、事前に問合せをした方がよいかもしれません。

ファブリス・ジロット青山本店:営業時間:11時~20時(定休日:不定休)
TEL:03-6805-0455

f:id:travelmeister:20180131003701j:plain

スポンサーリンク

番外編:ファブリス・ジロットのフランス本店を訪れる方法

ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)発祥の地がフランス北東部の街、ディジョンです。

本店とアトリエ(日本へ送るチョコを作っている場所)のあるディジョンまでは、パリから列車(新幹線TGV)で1本、片道約1時間半~2時間で行くことができます。

パリから日帰りもよし、ディジョンで1~2泊するのもお勧めです。

あわせて読みたい▼

ファブリス・ジロットのフランス本店(ディジョン)を訪ねる方法

 

 

スポンサーリンク