バレンタインデーにおすすめの高級チョコ、スイーツ ~ファブリス・ジロット~

2019年、クリスマスやバレンタインデーやホワイトデー、記念日など、相手を思う気持ちを伝えたいときの贈りもの、どんなお返しをしたらいいか、迷いませんか?

今日はそんな人たち向けに、お勧めの高級チョコ、ファブリス・ジロットをご紹介します。

f:id:travelmeister:20180129012418j:plain

写真出典:ファブリスジロット公式サイト(http://www.fabrice-gillotte.jp/)より

ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)って?

チョコレート好きなら誰しもが知るフランス人ショコラティエの巨匠。どれくらいすごいかといえば、日本で言うところの「人間国宝」といったところです。

フランスで当時(1990年)の最年少26才で、“ショコラティエ”として国家最優秀職人章(M.O.F)の称号を授かっています。

2016年3月まで日本国内にファブリス・ジロット(以下:FG)のお店が4店舗ほどありましたが、日本でFGの卸売りをしていた会社の事情で、余儀なく日本での4店すべてを閉めることになりました。そのファブリス・ジロットが再上陸。2018年1月20日、2年ぶりとなるお店を青山にオープンしました。

2018年、2年ぶりにファブリス・ジロットの日本直営店ができた

ファブリスジロット青山本店
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-51-6 テラアシオス青山1F
営業時間:11時~20時(定休日:不定休)TEL:03-6805-0455
アクセス:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線『表参道』駅 徒歩4分

▲青山通り(国道246号)を挟んで、青山学院大学の斜め向いに、青山通りに面してピエール・エルメがありますが、その横の細い道路を少し中に入ったところにあります。

f:id:travelmeister:20180131002833j:plain

▲以前はスペイン・バーだった場所を改装したようです。お店のカラーである鮮やかなブルーと眩しい白の外観。

f:id:travelmeister:20180131010458j:plain

日本のファブリス・ジロット、感想は?

一言で、期待を裏切らない人間国宝が作りだす味。

チョコレートのガナッシュは、どれも食べ終わった後に舌に残る余韻がじわじわと長く続いて、チョコの繊細な味と奥深さを教えてくれます。

チョコ好き歴・数十年の女性の話でも、フレッシュでポップな感じが「やっぱりファブリス・ジロットの味だ」と大喜びしていました。

わかる人にはわかるらしい、特にフルーツ系が逸品!!

f:id:travelmeister:20180131003043j:plain

▲パッケージです。

f:id:travelmeister:20180131003103j:plain

1箱チョコ4つ入り・・・約1800円。

この写真の4個入りセットでは、チョコレート1粒350円。箱代の400円も含まれたセットです。

少し値が張っている感もありますが、毎年、日本でやっている高級チョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ」でも、普通に1粒300~400円でいろんなチョコが売られてます。

フランスで作ったものを日本へ送っていること(輸送費)を考えれば、決して割高ではないかもしれません。

f:id:travelmeister:20180203115044j:plain

2019年は竹井千佳さんとのスペシャル・コラボレーション作品も!

2019年バレンタインデー最大の期待は、日本人イラストレーター竹井千佳さんとのスペシャル・コラボレーション 。

竹井千佳さんは、さまざまな感情を描くのを得意とするイラストレーターで、2018年9月に引退した安室奈美恵さんの展覧会「Final Space」で販売された公式グッズのイラストを担当するなど、旬のするなど幅広く活動中。

今回の企画のために竹井さんが描いた4つの感情をモチーフとした作品「喜」「怒」「哀」「楽」をもとに、ファブリス・ジロットがそれぞれをイメージした新作「 イレジスティブル 」を青山本店などで発売予定。

青山の本店以外に、伊勢丹新宿店、渋谷ヒカリエ、大丸梅田店、あべのハルカス近鉄本店、大丸神戸店、そごう神戸店、松坂屋 名古屋店といった主要都市の「バレンタイン催事場」でも取扱予定があるようです。

情報源:PRTIMES(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000587.000011472.html)

どんな斬新なチョコレートを体験できるのか?楽しみです。

商品名:2019限定 竹井千佳コラボ 「イレジスティブル(プレジール)」
価格:¥3,456 (税込)
発売期間: 2019年 1月 中旬より販売開始 ※店舗により発売日が異なります

■LA SURPRISE
幸福感を身体の芯まで届けるような、優しい甘さに、スッと広がるライムの香りを漂わせるキャラメルを忍ばせ、軽やかなタッチのバニラギモーヴと、ダークチョコレートでまとめた「喜びのショコラ」

■LA COLERE
心の底からの刺激的な感情をあらわにする、ピリッとした口溶けが魅力的な生姜と胡椒を効かせたジンジャーフレーバーのキャラメルに、バニラギモーヴとダークチョコレートでまとめた「怒りのショコラ」

■LA TRISTESSE
切実なカカオの芳醇さを表現した渋みを感じる酸味が特徴的なブルーベリーのキャラメルに、バニラギモーヴとダークチョコレートでまとめた「哀しみのショコラ」

■LA JOIE
心が弾むような明るい気持ちを引き出す、爽やかな南国を彷彿させる酸味が特徴のパッションフルーツを合わせたキャラメルに、バニラギモーヴとミルクチョコレートでまとめた「楽しみのショコラ」

引用元:PRTIMES(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000587.000011472.html)

まとめ

チョコ好きだけでなく、プレミア感のあるものをお探しの方におすすめできるスイーツです。

見た目にも高級感があふれ、バレンタインデーやホワイトデーに限らず、大切な人、スイーツが大好きな人へのプレゼントとして喜ばれ、重宝するでしょう。

バレンタインデーなど大型やのスイーツの催事に重なると、青山本店の品ぞろえが一時的に減ることもあるそうです。(本店の店員さん談)

特定のものを買いに行く際は、事前に問合せをした方がよいかもしれません。

ファブリス・ジロット青山本店:営業時間:11時~20時(定休日:不定休)
TEL:03-6805-0455

ファブリス・ジロットは、2018年1月のサロン・デュ・ショコラで出店していました。

しかし、2019年のサロン・デュ・ショコラ(一般会期:1月23日~29日(火)新宿NS ビル 地階)の公式サイトでは、参加ブランド一覧にストアップされていないようです。

2019年サロン・デュ・ショコラ 参加ブランド一覧(公式サイトより)

f:id:travelmeister:20180131003701j:plain

番外編:ファブリス・ジロットのフランス本店を訪れる方法

ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)発祥の地がフランス北東部の街、ディジョンです。

本店とアトリエ(日本へ送るチョコを作っている場所)のあるディジョンまでは、パリから列車(新幹線TGV)で1本、片道約1時間半~2時間で行くことができます。

パリから日帰りもよし、ディジョンで1~2泊するのもお勧めです。

▼あわせて読みたい▼