東京都内でのカブトムシ採集と飼育方法(必要なものなど)

夏休みといえば、カブトムシ。

都市部で見ることは少なくなったかもしれませんが、まだまだ居ました(東京都内でも)。

また、夏に里帰りした田舎で、カブトムシを捕まえてもち帰ったが、とりあえずどうしていいかわからない、といった場合もあるかもしれません。

この記事は、カブトムシ採集や飼育に関心のある人、特に小さなお子さんのために、はじめてカブトムシ採集や飼育にチャレンジしている親御様向けに書かれています。

是非、ご覧ください!

スポンサーリンク

東京都内でのカブトムシ採集と飼育のきっかけ

今から5年前の夏。小学校低学年になった息子に見せてあげたかったのが、野生のかぶとむし。

かぶとむしは、夏になると、東京都内でもホームセンターなどで普通に売られています。

しかし、林で見つける野生のカブトムシにこだわっていました。

筆者が子どもの頃、「野生のクワガタやカブトムシを見つけて大興奮した感動」を自分の子供にも体験させたいと思ったのが、かぶとむしを追い、育てることになったきっかけです。

夏のはじめ、地域の知人からカブトムシの生息場所の噂話を聞いたりして、いろいろ訪ね歩きました。

東京23区に隣接しながら、比較的に豊かな自然に恵まれている多摩エリアなので、期待をしていました。

しかし、6月下旬ころから探し始めて1か月以上・・・

毎週のように子どもと一緒にいろんな場所へ探しに行きましたが、野生のかぶとむしには出会えませんでした。

「東京で、しかも23区に近いようなエリアで野生のカブトムシに出会うのは、もう無理かな・・・」

「そもそも、カブトムシが生息するクヌギやコナラの木は、ほとんど見かけないし・・」

と、あきらめ始めた頃には、かぶとむしシーズンも中盤、8月に入ろうとしていました。

ただ、今、ふりかえると・・・

探し始める時期が1か月くらい早かったように思います。

カブトムシが木々に現れ、人目に触れ始めるのは7月中旬くらいから。

(実際には6月頃には生まれているはずですが、生まれてしばらくは、全盛期ほど活動的でないのかも!)

そして、自然の多い田舎の林のように、昼間でも容易にカブトを目にする場合は別ですが、大都市部に近い環境では、夜行性であるカブトムシは、夜のほうが活動的で見つけやすいでしょう。

 

ある晩、「これで最後にしよう。見つからなかったら、諦めよう。」と決め、深夜0時近く、世田谷区にもほど近い、多摩川沿いのある雑木林を訪ねました。

その場所は、日中に訪れた際、クヌギの木やカブトムシの死骸が落ちていたので、きっとカブトムシが居るに違いない!

と踏んでいた場所です。

すると、居たではないですか!うじゃうじゃ。

クヌギの木の樹液が出る部分。先に来た誰かがトラップ(人工の樹液)をかけていたようです。

この雑木林(公園)、カブトムシが生息する場所として地元住民の間では結構知られているようです。

クヌギの木の樹液が出ている木目の開口部に、さらに誰かがトラップをしかけ(人工樹液をかけておき)、引き寄せられて集まってきたようです。

その後、何年かにわたり、夏にこの場所を訪れていますが、人工トラップがなくても、夏の夜なるとカブトムシがいます。

クヌギやコナラの木がある場所には、やはりカブトムシなどが群がっています。

スポンサーリンク

カブトムシ飼育にとりあえず必要な4つ

最初に野生のカブトムシを捕まえてから5年間、カブトムシを飼育し続けた(成虫→産卵→幼虫→2代目成虫のサイクルを5回続けた)経験から、飼育に必要なもの、おすすめグッズ、飼育の基本的な注意をご紹介します!!

カブトムシの成虫を飼うのに必要なものは、最低限4つですね!

①虫かご
②土(マット)
③エサ(昆虫ゼリー)
④登り木(虫かごの中に入れるアスレチックみたいな木)

 

オスとメスのつがいを飼って、翌年以降の繁殖を狙うかどうかにより、少々飼育法は少し変わります。

雄と雌を一緒のケースで飼うと、ほぼ必ず交尾をします。

そのまま放っておくと、夏の終わりも近づいて、気づいたときには土の一番下の方に「数十匹単位」で産卵されているはずです。

たくさんの卵から幼虫が孵化し、約1年後の羽化に向けて育てる場合は、それなりに手間がかかってきます。

子供の自力だけでは育てきれない可能性があり、さらに、お子さんによっては飽きてしまう可能性もあるので、親御さんも心しましょう!!(笑)

(困ったら、林に戻せばよい話ですが・・・)

ちなみに、オスとメスが交尾をしているシーンを子どもが見ることもあることでしょう。

親として、それをどう説明するか(なぜ、何をしているのか)、迷いどころです(笑)

勘の鋭い子は、動物の交尾などと結びつけて、「お父さんとお母さんは、交尾したのか?」とか聞いてくるかも!?

これは、実際に我が家で、小学校低学年の子どもからあった質問なのです(汗)

 ① 飼育ケース(選び方のポイント)

飼育ケースは7月~9月頃には、近くのスーパーやホームセンター、百円ショップなどでも売っています。

実際に目で見てサイズ感を確かめられるのが、実物を見て購入する利点です。

店舗で売られているのは、一般的には、「小(S)~中(M)くらいのサイズ」が多いですね。

「大(L)~特大(LL)のサイズ」は、ネット通販での品揃えが充実しています。

以下の飼育匹数は必ずというわけでありませんが、カブトムシにとって、ある程度、快適に過ごせる目安です。

なお、オス数匹を同じ飼育ケースで飼うと、餌やメスをめぐって、必ずと言ってよいほど、戦いを始めるのでないでしょうか?

子どもは、この戦いを見るのが、とても大好き!!

子どもにとって、オス同士の戦いは、カブトムシを飼う醍醐味の一つようです。

ちょっと可哀そうな感じもしますが、かなり早い段階で、同じケースの中のオス同士の勝敗がつくようです。

オス同士の喧嘩の回数は、徐々に減ってくる気がします。

それから、ときにはオスがメスを投げ飛ばしてイジめることも!

(交尾をさせてもらえないことがわかったときとか!www)

カブトムシが成虫になってからの生涯(寿命)は短く、たったの2~3か月間。

こういう戦いは自然の摂理なので、あまり気にしないのがよさそうです。

小、中、大の飼育ケースのサイズ感。

これまで10種くらいの飼育ケースを使用した中で、扱いやすさ観察のしやすさケースの頑丈さの点で良かったのが、アイリスオーヤマの「飼育ランド」CYシリーズ

他の飼育ケースは、結構簡単にヒビが入ったり、割れたりしましたが、アイリスオーヤマの「飼育ランド」CYシリーズは、強度があり、長期間使えています。

サイズはSS、S、M、L、LL、3Lと6種類。

Amazonだと、製品紹介の[詳細]欄に具体的な寸法cmが表示されています。

 ② 土(マット)と分量

成虫でしたら、かぶとを採集した土地や外の土で、さほど問題ないでしょう。

しかし、カブトムシにとって嬉しい環境、また、その後の繁殖(産卵)を考え場合、飼育用の「昆虫マット」が理想です。

土の中は、成虫のカブトムシが体力を温存し、元気になるための隠れ家のような役割もあります。

昆虫マットは、夏の時期はスーパー、ホームセンター、百円ショップなどで販売されています。

通販なら、季節に関わらず、年間を通じて販売されています。

土の分量

ケースの中に必要な土の分量は、オスとメスのどちらを意識するかで、若干異なってきます。

なぜなら、特にメスは、日中、土の中へもぐっているのが大好きで、交尾した後、土の中に潜ってしばらく土の外には出てこない産卵期間を迎えるからです。

土の中は、出産のための大切な環境ということです。

メスがいるときの土の深さは、できれば10cmくらいはあることが理想かと思います。(どんなに少なくてもケースの底から5cmくらい)

オスは土に潜っている機会や時間は少なめ。土の分量はメスよりも少なめで大丈夫かと思います。

土をケースの中に多めに入れるのは、生育上はそれに越したことはありませんが、土を入れすぎると、飼育ケース内の空間が減って、鑑賞する上での楽しみやダイナミックさが減ってしまいます。

私は夏の間、成虫のためのケースは、上記の中間くらいをとって7~8cmくらいにしています。

なお、メスのことを踏まえると10cm以上あることが理想ですが、7~8cmくらいでも、毎年メスは卵をたくさん産んでいます。

おすすめのマット

スーパーなどで売っているカブトムシ用のマットであれば、大差はなく、成虫用にはどれを選んでも問題はないでしょう。

しかし、「幼虫の飼育用」として使用するとなると、マットによって、それなりに差が出てきます。

マットのクオリティは、結構、値段にも比例しているように思えます。

これまで何種類かを使用したマットの中で、クオリティとコスト・パフォーマンスの両方を兼ね揃えていると思うのが、こちら「SANKOの育成マット」です。

成虫だけでなく、幼虫用として良い結果を残せた(大きく育てられた)マットです。

飼育ケースの大きさによって分量が異なり、幼虫飼育の場合、5Lでは足らず、10Lを4~5袋、まとめ買いしていることが多いです。

 ③ 昆虫ゼリー(えさ)

夏であれば、スーパーやホームセンター、百円ショップなどで昆虫用のゼリーが売られています。

昆虫ゼリーの場合、角が長いオスのカブトムシにとってもゼリーが食べやすい、底が浅くて幅広いタイプ(直径3cmくらい、下の写真)がおすすめ。

昆虫ゼリーを置く台は、飼育ケースと一緒にセット販売されているもの以外にも、のぼり木などと一緒に単品オプションで売られていることも多いです。

昆虫ゼリーの入手が間に合わない場合、カブトムシが大好きで、よく食べる果物はバナナ!!

食いつきがよく、バナナを食べたカブトムシは元気になる様子です。

林でトラップを仕掛けて採集する場合も、一番よく使われている果物です。

ただ、生の果物は腐りやすく、不衛生で匂いもきついので、昆虫ゼリーが入手できたら、差し替えましょう。

 ④ のぼり木(虫かごの中に入れる)

カブトムシは、元来、木に生息する生きもの。

木の枝や皮が大好きですし、虫かごの中へ入れておくと、観察の楽しみが増してきます。

カブトムシは土の上でひっくり返って仰向けになることが多いですが、土だけだとなかなか起き上がれず、体力消耗します。

近くに木があると自分で起き上がれて、カブト虫の動きが生き生きとしてきます。

スポンサーリンク

虫かごを置く場所について(屋内か屋外か)

飼育場所は、できるだけ温度差が少ない場所がよいと言われています。

直射日光のあたらない、暑すぎない場所。

特に幼虫飼育の場合、屋外に比べて気温差の少ない「屋内飼育」がお勧めです。

マットの乾燥ぐあいも虫かごを置く場所により、かなり左右されます。

マットが乾燥してきたら、100円ショップなどで入手した霧吹きなどで「シュッシュッ」とかけて土の表面を湿らし、乾きすぎないようにしています。

(成虫の場合、土が含む水分量は、幼虫ほどは気にせずに大丈夫かと思います)

飼育ケースの中に、いつの間にか小バエ(小蠅)が入り込み繁殖して、小バエだらけになってしまうことがあります。

ケース内が小バエだらけになるのは、特に室内飼育の場合、困りますね。

一度、コバエが繁殖すると、完全にコバエを取り払うことは困難。

方法は、土全体を変えること以外になくなります。

そういうコバエ対策としては、虫よけシートが便利です。

さらに、虫よけシートは、マット(土)の湿気を適度に保ってくれるところも良い点ですね。

▽丈夫で、ほどよい通気性がマットの湿気を保ってくれる、使ってみて良かった虫よけシート▽


マルカン 虫よけシート1番 MC-50

スポンサーリンク

夏の終わりが近づくと・・・

8月中旬くらいからカブトムシも次々と往生。

9月の下旬、一番長く生息したカブトも旅立ってゆきました。

その年の気候や生育環境により、寿命は異なります。

たとえば猛暑や不順な天候の続いた2018年は、全体的にカブトムシの寿命が短かかったです。

兵庫県のカブトムシドームのかぶとむしの多くが例年より早く亡くなり、例年より早く閉園したとの話でした。

▲最後の一匹。かぶとむしが往生するときは、なぜかこのスタイル(仰向け)が多いので、わかりやすいです▼

そして、すべてのカブトムシがいなくなった虫かごの土の一番下には、ぴかりと光る小さなカブトムシの卵が残されていました。その数、合計60個ほど。はじまりはここからです。

▲新たな生命。色が白くて小さいものが、生まれてから比較的新しい卵。黄ばんだ少し大きめのものは産卵後、少し時間がたち、まもなく幼虫が出てくる卵。

▲生まれて間もない幼虫(1令幼虫)。大きさにしたがって1令→2令→3令と成長してゆく。鶏の卵からひよこが出てくるのと同じように、カブトムシの幼虫も卵の殻を破って出てきます。土の中をよく見てみると、卵の抜け殻が残っているのが見つかるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

東京都内の雑木林で、初めて捕まえてきたカブトムシを自宅で育てはじめて5年。

途中、新しいカブトを例の雑木林でつかまえ、仲間に混ぜながら、東京都内の平均的な居住スペースの中で、カブトムシの子孫を継承してきました。

子どものために、カブトムシを野生の捕獲しようと躍起になっていた頃、まさかこんなことになるとは!!想像もしませんでしたが(笑)、かぶとむしの存在が、子どもとの良いコミュニケーション・ツールにもなっています。

産卵後、幼虫から蛹になり、羽化して成虫になるまでの育て方も変化をつけ、失敗したり、成功したり。

産卵後、幼虫から成虫になるまでの飼育方法は、いろいろと勉強になったことがあるので、別の記事でご紹介をしています。

よろしければ、そちらも是非ご覧下さい!!

▼▼あわせて読みたい▼▼

~夏休みのお出かけイベント~

~夏休みの自由研究へ迷っているかたへ~

~カブトムシを5年、自宅で育てて見つけた飼育法の極意~

 Travel & Lifestyle
Travel & Lifestyle
https://travelhappylife.com/kabuto02/
スポンサーリンク