Surface Laptop 2のレビューと感想:買って良かった10のこと

 Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

ノートPCをSurface Laptop 2(サーフェス・ラップトップ 2)に買い変えました!

PCを開けるのが、楽しいです。

いろいろ迷った末に決めたマイクロソフト社のサーフェス「Surface Laptop 2(2019年版)」。

洗練されたデザインで、落ち着きと高級感もある。

でも見た目だけじゃないんです。

実際に付き合ってみて、中身もよいですよ。

これまで使ってきたノートの中で、一番気に入っている💛💛💛かも!

▽今回の購入した機種のスペックはこれ▽

記憶容量256GB/メモリ8GB/CPU第8世代インテルCore i5-8250Uクアッドコア

 

Surface Laptop 2にして個人的によかったことと、購入にあたっての注意点を書きました。

ノートPC選びで迷っている人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

Surface(サーフェス)を選んだ経緯

これまでに使用したノートPCの系譜は、

SONYのVAIO(A4/1998)→VAIO(B5/1999)→VAIO(B5/2005)→FUJITSU・LIFEBOOK(A4/2011)

 

いずれもマイクロソフトWindowsのOSです。

主に仕事上の書類作成や外出先でのプレゼン用に使ってきました。

今回、久しぶりの買い替えでしたが、これまでとの違いは、ビジネスユース以外に、趣味でブログ・サイトを作るようになったこと。

使い方に「遊び」や「Web制作」の要素が加わってきたわけですね。

今回のノートPC選びで「Surface」の対抗馬だったのは、筆者の場合「Mac Book(ProやAir)」。

むしろMacが本命で、問題はMacのどの機種、スペックにするかということでした。

というのも、前回のノートPC購入後、モバイルの方ではiPhoneやiPadを使うようになり、アップル製品の使いやすさや快適性、デザインの良さに惚れ込んでしまっていたからです。

それに、カフェなどで他のPCを見たとき、やっぱりMacは、その「遊んでいる感」が断然カッコいいと思っていました。

概してWindowsのPCって、外観、インターフェース、OSとかのデザイン、どれをとってもMACと比べて全体的にダサい、と思ってしまっていたわけです。

正直、Surface Laptop 2 に出会うまで、もうWindowsの機種は眼中になかったのです。

そんな「見た目のかっこ良さ」を重視してしまっていたのに、なぜ最後の最後で、Surfaceに決めたのか??

 Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

これは、SurfaceがWindows本来の機能性やSurfaceの性能の良さに加え、「かっこよさ」や「楽しそうな感じ(楽しく作業、気持ちよく仕事できる感じ)」を兼ねそろえていると思ったから。

Macのおしゃれで楽しい感じを、長年使いなれてきたWindowsで体験できそう!!って予感したのです。

ということで、Surface Laptop 2にして良かったことを以下で具体的に紹介します。

スポンサーリンク

選んで良かった10のこと

テンションがあがる(PC作業が楽しくなった)

マイクロソフト社のこの製品の標語は「ふれるたび、ときめく。

たしかに、PCを開けるときのワクワクや楽しい感じがあります。

ボディカラーはプラチナ(白)とブラック(黒)もそれぞれ良かったのですが、遊びの感じがほしかったのでコバルトブルー。(仕事使いがメインなら白か黒を買っていたかも)

高級感のある洗練されたデザインは、どの角度から見ても、かっこよくてオシャレと思えてしまう。

 Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

 Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

この美しさは、おそらくアップル製品も競合として想定しながら、計算し尽された上での設計。

見た目の良さでMacに対抗できるWindowsの機種はSurface以外にないのじゃないかと思えてしまうほど。

ただ、ときめくのは見た目だけではなく、実用性や快適な性能があってこそです。

中身の良さはこの後に解説。。。

Surfaceは「自分の時間を一緒に過ごす相棒」。

PCを開けるのが、苦痛な時間から楽しみの時間になる。

Surfaceにして、以前よりもテンションが上がるようになったのは、良かった点です。

動きが速くて快適

動きが速くて一番快適と感じるのは、PCの起動(立ち上がり)。

最初に電源を入れてから、顔認証の自動ログインを経て、完全に立ち上がって作業に取りかかれるまでの時間は合計で約15~18秒!

これって、超速の部類じゃありません?

一つ前に使っていたSSD搭載のFujisuの機種(Windows7)では、まずログイン画面が立ち上がるまでに20秒くらいで、ログイン後、作業開始できるまでに合計50秒くらいは必要でした。

作業の中断後、スリープ画面から再開する際も速い。

スリープ画面から顔認証で自動ログインを経て作業開始できるまで一瞬です。

*****

そして、作業中の「Core i5 8650U」のパワーも満足。

Surface Lapton 2のCPUには「Core i5」と「Core i7」がありますが、個人のWebサイト制作やビジネスユース(Word, Excel, Power Point)でしたら、Core i5で全く問題なしです。

画像や動画ファイルの大量コピーとかもサクサク、速いです。

筆者の場合、ワードプレス(このサイトの編集ソフト)やPhotoshop以外に、Google Chromeのブラウザで、YouTubeなどのWebサイトを20~30ページくらい立ち上げながら作業していることも珍しくありません。

かなりマルチタスクをしていますが、固まらずにしっかり動いてくれています。

マルチタスク派にも十分対応できている嬉しいスペックです。

画面サイズが見やすい(縦に少し広い)

Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

13インチ前後のサイズは、プレゼン資料づくり、Web制作、ブロガーなど、腰を据えて長時間作業に取り組む頻度の高い人には、ちょうどよいサイズではないでしょうか?

Surface Pro(10インチ)やSurface Pro(12.3インチ)も携帯性や機動性、性能で魅力的ですが、筆者の場合も画像編集などを含め、結構、がっつり作業します。

その際にSurface Laptop 2がいいのは、画面の縦幅が少し大きいこと。

この微妙な差が結構大きな差なのです。

縦幅が少し大きいだけで、こんなに見やすいとは!?

このモニターの見やすさ対抗機種とされるMac Book ProやAirが決定的にかなわない点だと思います。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

表示サイズの調整方法が豊富(微調整しやすい)

40代にもなると老眼が始まることが多く、近くのものが見えずらくなったり、小さい文字が読みにくくなることがあります。

老眼でなくても、インターネット・ブラウザの表示サイズなどを細かく簡単に調整できたら便利ですね。

ブラウザーの表示サイズの調整方法は

左下の「Ctrlキー」を押しながら、マウスのスクロール・ホイールを上下して調整

です。

通常のサイズ(100%)

75%に縮小|縦横(文字、画像)の全体が75%に縮小

125%に拡大|縦横(文字、画像)の全体が125%に拡大

さらにSurfaceのモニターはタッチパネル。スマフォと同様に画面を直接さわってズームイン・アウト(ピンチイン・アウト)もできます。

(キーボード下のトラックパッドの右側を縦方向に指で閉じたり開いたりでもできる)

また、Windowsの標準機能として[ディスプレイ設定]でブラウザ以外のディスプレイ全体やテキストサイズのみを調整することも可能です。

[ディスプレイ設定]でテキストのサイズだけを調整

顔認証での自動ログインが快適!

顔認証のログインはセキュリティ対策として有効ですが、利便性としてもGoodです。

パソコン購入後の初期設定の際、顔認証を取り入れるか、従来どおりのログイン画面でパスワードを入れるか、設定できます。

もちろん、後からどちらにでも変えることはできます。

顔認証の精度もなかなかのものです。

眼鏡をかけてり外したりしても、正しく認識してくれます。

顔を認識するモニター上部のカメラから離れた場所にいると、認識がうまくゆかずに通常のログイン画面からパスワードを入れる方法になることもあります。

しかし、この一連の過程が内蔵AIでスピーディに行われるので、ストレスがありません。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

キーボードが静かで疲れない

Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

キーボードの音が静かなのは、周りに迷惑がかからなくて良いことですね。

Surfaceのキーボードの良いところは、爆速で打鍵(タイピング)しても、力まないで入力できることです。

筆者はキーボードの上を指が這うように、ボードの表面を舐めるようなタイピングの方法ができるようになりました。

これで何がよいかと言えば、疲れにくいことです。

長時間、力んだタイピングすると、親指の付け根あたりの筋肉が疲れ、肩も凝ってきます。

Surfaceのキーボードは、不要な力を使わない、最低限の力でタイピングができるので、指の動作効率がよいです。

手触り、質感がいい(愛着がわく)

Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

ボディ本体の外側表面は、強度の高いアルミ素材。

特殊なアルミなので、軽量な上、高級感があります。

思ったよりも指紋や汚れも付きずらいのがうれしいです。

Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

そして、キーボードの高級ファブリック素材「アルカンターラ(Alcantara)」。

アルカンターラは耐久性と液体の汚れに強い合成素材。

デザイン、ファッション、アクセサリー、家電、自動車、船舶内装などの幅広い分野で採用されているそうです。

触った感じは天然のスウェードに近いですが、手触りはより滑らかで毛羽立ちがありません。

自分の相棒であるPCを「ものとして愛せる」のは良いことですね。

撥水性が高く、万一、コーヒーなどのドリンクをこぼしてしまったら汚れが取れないのでは??と心配になりますが、大丈夫そうです。

(参考)サーフェスのキーボードのお手入れ(公式サイトより)

タッチパネル画面も便利

筆者はタッチパネルを多用することはありませんが、タッチパネルが便利なときもあります。

特に、マウスを使わずにトラックパッドでネット閲覧をしているとき、キーボードやトラックパットと併用するのがおすすめです。

画面のすぐ手前にある指を画面に触れるほうが簡単で早いときがあり、便利だと感じます。

タッチパネルは、Mac Book ProやMac Book Airのモニターには無い機能ですね(2019年現在)。

アクセサリーがおしゃれ

Surfaceは周辺機器も洗練されたデザイン

かつ落ち着いた雰囲気があります。

色味は写真や光線の加減で少なからず違って見えます。

Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

筆者のおすすめは、「マイクロソフト社の純正マウス(Surfaceマウス)」「反射防止&ブルーライトカットの画面保護フィルム」です。

SurfaceマウスはBluetoothでパソコン本体とつなぎます。

マウスはスクロール・ホイールがついているとメチャ便利です。

Surfaceアークマウスという形状が変わって平にして収納できるマウスもありますが、ホイール付きの便利さと薄型の持ち運びやすさの両方を兼ねそろえた「Surface モバイル マウス」を使っています。

 

 

Surface Laptopのレビューの中に「画面の反射が気になる」というものもありますが、反射防止のマット加工仕様の保護フィルムを使えば解決しますね!

筆者はカフェの屋外テラスで作業するのが好きなので、よけいに光が画面反射しやすく、反射防止タイプを使用しています。

反射防止の光沢が少ないマット仕様のフィルムは、幅広い使用環境で重宝します。

 Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2

 

ケースはいろんなタイプがありますが、ボディとあった色を選ぶとオシャレですよね。

こちらのタイプは本革ではなく、合皮です。

本革の高級感には及びませんが、キーボードの高さの調整など、PCの台座代わりに使えるところが気に入っています。

 Surface Laptop 2|サーフェスラップトップ2 ケース

 

コストパフォーマンスがよい

下の表は、対抗馬として検討した「Mac Book Air」の同等クラスのスペックを搭載した機種との比較です。

ビジネスユースを視野に入れるなら、Office(Word,Excel,Powerpointなど)の標準装備の有無は大きな違いですね。

少なくともMacと比較した場合はコスト・パフォーマンスが良いと言えるのでないかと思います。

Surface Laptop 2 MacBook Air
OS Win10 Home MacOS
ディスプレイ 13.5インチ
タッチパネル
Mac13.3インチ
ストレージ 256GB SSD 256GB SSD
メモリ 8GB  8GB
CPU Core i5(第8世代) Core i5(第8世代)
重さ 1.25kg(1250g) 1.25kg(1250g)
バッテリー 14.5時間 12時間
マイクロソフトOFFICE 有り(標準装備) 無し
公式サイト販売価格 146,800円(税別) 156,800円(税別)

 

▽Surface Laptop 2の料金を通販サイトで探す▽

 

スポンサーリンク

Surface Laptop 2の注意点

メリットとデメリットはトレードオフ(交換)の関係にあります。

不足点をカバーしようとすれば、利点が損なわれるので、これは致し方のない点です。

しかし、デメリットをあらかじめ知った上であれば、より納得のゆく買物ができることでしょう。

ちなみに筆者にとって不足点は外付け機器で十二分にカバーできるので困っておらず、むしろ、Laptop 2 のシンプルさが好きです。

外部端子は少なめ

Microsoft Surface Laptop 2 | マイクロソフト サーフェス ラップトップ 2

極力、無駄をなくした構造で、外部端子は少なめ。USBは1つ口です。

SDカードやDVD、プロジェクターとつなぐ差込口も装備されていないので、必要であれば、外付けの機器が必要です。

最近は、プレゼンテーションでの映写やカメラからの画像の取り込みなど、多くが無線(WifiやBluetooh)でできてしまうので、時代の流れとも言えます。

タッチペンを多用ならSurface ProやSurface Go?

筆者はペン使っていませんが、もしデジタルイラストなど、タッチペンを多用する作業が中心となる場合は、Laptop 2の画面は取り外せないため、長時間は書きずらいかもしれません。

その場合、画面をキーボードから取り外しができるタイプのSurface ProやSurface Goなどがよさそうです。

スポンサーリンク

おわりに

20年くらいWindowsを使ってきた人間としては、MacOSに乗り換えるには多少の勇気がいります。

それでもMacに乗り換えるつもりでいましたが、外見も内容も要望を満たしてくれたMicrosoft Surfaceのおかげで、不慣れなMacOSでストレスを感じることなく、仕事資料やコンテンツ作りに没入できています。

世間の閲覧者のマジョリティはWindowsですので、ブログサイト制作の動作環境のチェックをWindowsでできる利点もあります。

後悔のないPC選びで、PCライフを楽しんで過ごせることを願っています!!

スポンサーリンク