モロッコ旅行の治安や安全性:出発前に絶対知っておきたい3つのこと(安全対策)

ムハンマド5世廟/ラバト(モロッコ)にて 

エキゾチックな魅力のモロッコは、初めての海外旅行で検討する人も少なくないほど、一般的な旅行先の一つになっています。

しかし、日本とは政治情勢や宗教、文化が大きく異なり、治安や安全性が心配になるのでないでしょうか?

この記事では「旅行先としてモロッコは大丈夫?」「安心してモロッコ旅行をするために知っておくべきことは?」などの疑問を持った人へ向けて、モロッコの治安や安全性、安全対策についてまとめました。

これらを知って、是非、満足のゆく行き先選び、モロッコ旅行を実現させてください♪♪

スポンサーリンク

モロッコの治安や安全性(政治情勢)を簡単に

モロッコは世界のイスラム教の国の中でも、比較的に安心して旅行できる国と言われています。

その一つの理由としては、アラブ人を中心とするイスラム教の国でありながら、欧米的な考え方に対して比較的理解があり、柔軟性のあるためということがあります。

今のモロッコの基礎がつくられた1912年~1956年の間、フランスやスペインを保護国として、ヨーロッパ式の教育システム、経済システムを学び、取り入れてきました。

カサブランカの街並み(モロッコ) 

その反面、2011年秋から中東や北アフリカ諸国で起こった「アラブの春」以降、イスラム圏全体の政治情勢が不安定な傾向になっていることは知っておきたい点です。

たとえば、モロッコと同じ北アフリカのチュニジア、リビアなどでは、民主化運動が本格化し、政権転覆などの事態が発生し、リビアなどは、いまだ外国人が入国もできないほど危険です。

モロッコはその大きな流れの中に、かろうじて巻き込まれることなく、観光客の渡航が禁止されるほどに治安が悪化しなかった唯一の国です。

(2019年現在、チュニジアで旅行再開できるくらいに治安が回復しました)

イスラム圏全体が治安の悪化傾向にあった中、モロッコが踏みとどまったことの一つは、国土の半分くらいが海に面しているという、地理的な要因も手伝ったと言われています。

カスバ街道のオアシス(モロッコ)にて 

もう一つは、モロッコの政治体制が王政(王を元首とする立憲君主制)であった点も、治安が底なしに悪化していった他国と異なる点です。

モロッコには古くから続く王室を敬う風土があり、王室は国民の不満や不安を増大しないよう安定的に統治できてきたのでないでしょうか。

また、モロッコに当局による強力、かつ広範な取締りも上手く成果をあげていたと言われています。

スポンサーリンク

【知っておきたい❶】外務省海外安全情報

訪問国の安全性(政治情勢や治安)を知る情報源としては、公的機関である外務省の海外安全情報の最低限チェックしておきたいところです。

海外での日本人の保護という観点で、外務省が現地大使館や各国政府機関から集めた情報をもとに記載されています。

外務省は世界各国の危険レベルを1~4段階で示しており、「2以上の地域は渡航を控えて下さい」としています。

「レベル1(十分注意してください)」の地域は、渡航を禁止するものではないが、十分な情報収集を行い、注意をはらってくださいというものです。

一般的に世界各国「レベル1(十分注意してください)」に該当している地域は多く、レベル1までは、旅行会社もパッケージ・ツアーなどを組んでいます。

2019年現在、モロッコはレベル1(十分注意してください)です。

モロッコの現在の危険度を見る(外務省サイト)

危険情報を見る際の2つの注意点

注意点の1つは、これらの危険度が都度、変動してゆくことです。

何か一つ大きなテロや不穏な流れがあると危険度が引き上がったり、下がったりします。

もう1つは、同じ国の中でも、地域によって危険度にばらつきがある点です。

つまり、同じ国の中でも地域によって「レベル1:十分注意してください」でも、別の地域は「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」という場合もあります。

旅行計画時、出発時に再度、更新情報がないか、このページの確認をしておきたいですね♪

スポンサーリンク

【知っておきたい❷】スリとかの身近な治安:どんなトラブルがある?

もともとイスラム教の国、アラブ諸国は、欧米と比べれば貧富の差が少なく、イスラムの戒律も厳しいため、スリや強盗などの一般犯罪は少ないとされています。

しかし、モロッコは観光立国。多くはないにしても、残念ながら観光客狙いのトラブルも発生しているようです。

たとえば「品物を高い値段で売りつけようとする」「親切に見せかけて観光客をお世話した後で、その見返りに高めのお金を要求したりすること」といったトラブルです。

しかし、これについては、事前に現地の状況を知っておき、旅行中に十分注意をはらうことで、ほとんど避けることができる類のものと言えます。

筆者は、複数回、モロッコを訪問していますが、一度も、その点のトラブルに巻き込まれたことがなく、トラブルの多くは不用意とか無防備すぎるのが原因と推測しています。

フェズ(モロッコ)の旧市街にて

モロッコでの一般的なトラブルついては、外務省の下記のページが参考になるでしょう。

結構、いろいろと怖いことが書いてありますが、それを知ることは、安全に旅行を楽しむことにつながるのではないでしょうか♪♪

各バナーで項目ごとに内容を見ることができます。

外務省 モロッコ安全対策基礎データ

スポンサーリンク

【知っておきたい❸】安全のためにできることは?

モロッコで一番気になるのは、身近なトラブルよりも、政治情勢の悪化によるテロに巻き込まれてしまうことかと思います。

旅行前後の政治情勢の変化をチェックし、テロが発生する可能性の高い場所を予測することで、できるだけそのリスクを避けることは可能なのでないでしょうか。

それについては、外務省の下記の情報が参考になります。

テロ・誘拐情報

日本人向け・安全対策マニュアル

△この「安全対策マニュアル」の中には、以下の文言があります。

一般的にテロリストは,テロ実行のために周到な準備(現地調査など)をするため,テロ発生前には何らかの兆候が見られると言われています。

したがって,常に一定の警戒心を持ち,生活環境の僅かな変化を見逃さないことが重要です。

また,新聞,テレビやインターネットで情報を定期的に確認し,最新のテロの傾向(発生場所,方法など)を把握しておくとともに,可能な限りテロの標的となりそうな場所に近づかないことが重要です。

一般的に標的になりやすいのは次のような場所です。

● 混雑する時間帯の大規模商業施設や市場
● ユダヤ,欧米(特にフランス,米国)に関連した施設,教会等の宗教関連施設,飲食店
● イスラム教の教義に反する施設(バー,ディスコ,カジノ,酒類売場)
● 上記のうち,特に大通りに面し多人数が集まる場所
● 大規模デモ,宗教的な祭り
● 王宮関連の施設・企業

引用元:外務省「安全の手引き」

「たびレジ」の情報配信サービス

もう一つ、やっておきたいことがあります。

渡航中に外務省から最新の安全情報を日本語で受信できるサービス「たびレジ」への登録です。

旅行中にその国の中で何か発生した場合、メールが配信され、在モロッコの日本大使館と情報共有がされます。

情報の少ない国ほど役立ち、また、自分の身や同行者に何かあったときの安否確認にもなるシステムです。

「たびレジ」のサイトの登録画面はこちら

外務省の情報を見るときに留意したいこと

上記で紹介している情報を読むと、怖くなってしまうかもしれません(笑)

公的機関(外務省や大使館)は、日本人の保護を仕事や義務として、何も事件が起こらないことを願う立場。

なるべく厳しい情報をあらかじめ伝えることで、無理な旅行を抑制したり、現地で気を引き締めてほしいという意図が込められてるように思えます。

「少しでも危険があれば、、危ない橋は渡らないでほしい」と公的機関が願うのは、止むをえないことです。

しかし、それだけで、全面的に危ないと決めつけてしまう必要はないかもしれません。

現地では普通に地元民の生活が行われているわけですし(危険度2とか3以上は別ですが)、旅行機会も一期一会です。

旅行者としては、ネガティブな情報は知っておきつつ、冷静に考えることも必要ではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連情報

モロッコ旅行を予定、検討しているなら、こちらもどうぞ!

~モロッコ旅行の宗教上の注意点など~

スポンサーリンク