旅行先の検討:チュニジアとモロッコ、どちら?違いとおすすめは?

モロッコとチュニジア。ともにアフリカ大陸の最北のイスラム文化圏の国で共通点が多く、旅先としてどっちがよいか迷うことはないでしょうか?

この記事では2カ国とも訪問した経験からのアドバイスをまとめました。それぞれに異なる特徴、良ささもありますので、是非ご参考下さい。

チュニジアとモロッコ

両方とも旅行にはとても良い国です。

筆者はそれぞれに訪問し、少々怖い思いをしたこともありますが、両国とも大好き!!です。

「異国の世界に来たぁ!!」て強く思わせてくれる国です。

共通していること

両国ともに同じイスラム教が国の宗教で、イスラムの戒律が比較的にソフト、ゆるめという点では同じです。

フランスの植民地だった時代があり、アラビア語とフランス語が公用語、フランス文化の影響が濃いところも共通しています。

旅行や土地のおもしろさが、同じ一つの国と思えないほど変化に富んでいて、バリエーションが豊かなのも一緒。

人間にたとえると、双子みたいな。

でも、一卵性双生児でなく、二卵性双生児という感じです。育ちは似てるけど、大もとは違うぞ、みたいな。

△ラマダン明けのお祭り「イード」。お祝いのごちそう「子羊の頭の丸焼き」。イスラム圏共通のしきたり。

違っていること

決定的に違っているところもあります。

まず国の広さ。

モロッコの面積は44.6万km²。(日本37.8万km²の約1.2倍)

一方のチュニジアは16.3万km²。

モロッコの方が広大で、観光地をたくさん周るには、より多くの移動時間がかかるということですね。

チュニジアの方がコンパクトで、小さい場所に多様性がギュッと凝縮された感じ。

それから、両国では観光で見学するもの、それぞれの良さで違いがでます。

当記事の「3 どちらの観光がおもしろい?(本題)」でご紹介します。

スポンサーリンク

旅行する観点から比較すると?

ここで書いていることはあくまで個人的にもっている印象をもとにしています。

人によって違った感想や考えをもつケースもあると思われますので、これが絶対とは思わず、参考にお読みいただけると嬉しい!です。

日本からのアクセス

チュニジア=モロッコ(大差なし)

モロッコ、チュニジアどちらも、アラビア系の航空会社で中東(ドバイ、ドーハなど)乗り継ぎ。

またはヨーロッパ系の航空会社利用でヨーロッパ内都市で乗り継ぎ(パリなど)で、日本からだと同じくらいの時間がかかります。

ただ、中東乗り継ぎの場合、中東都市以遠の飛行時間が、モロッコの方が1~2時間長くなります。

 

▽モロッコ、チュニジアへのルート、発着時間、航空券代などを比較

» 海外格安航空券ならエアトリ

» スカイスキャナーで航空券代を比較

 

△シンガポール航空と並んで世界最高評価を誇るカタール航空(ビジネスクラス)の機内食。

気候は?

チュニジア=モロッコ(ざっくり言えば大差なし)

どちらも四季があり、地域によって大きな差があるという点で共通しています。

かなりおおまかに言いますと、

地中海(チュニジア、モロッコ)や大西洋(モロッコ)などの沿岸部は、比較的に湿気があり、雨も普通に降ります。

四季の移り変わりが日本に似ていて、日本の九州などに近い感じです。

一方のサハラ砂漠の地帯は「砂漠性気候」で、とても乾燥していて、朝晩と日中の気温差が激しい。

日中は暑く、朝晩は気温が下がり、雨はとても少ない。

と言ったところです。

違いがあるとすれば、アトラス山脈や麓の気候でしょう。

北アフリカでは「アトラス山脈」という東西に約2400kmつづく、大きな山脈があり、モロッコとチュニジア両方にまたがっています。

チュニジアの場合、アトラス山脈の中に入ったり、横切ったりするすることは稀れですが、モロッコの場合、モロッコ名物のサハラ砂漠へ行くには、必ずこのアトラス山脈を越えてゆきます。

アトラス山脈を越える際には標高2000m以上の場所(ティシカ峠/2260m)を通過してゆきますが、秋~冬はここで雪が降ることも多々あります。

寒さ対策が必要な時期です。

チュニジアの気候やベストシーズンに関心のあるかたは、よろしければこちらの記事をご覧ください。

人の優しさは?

チュニジア=モロッコ

これも同じと言えるでしょう。

ともに親日的で、日本人というだけで、好感度は高いと思います。

ただ、女性は注意です。

日本人と見ると、親切を装って近寄ってくる男性は少なくないかも!?(特にモロッコ)

イスラムの戒律上、婚前交渉や不貞は禁止ですが、これが異教徒や外国人が相手となると別らしいのです(笑)

簡単に言えば、「外国人相手なら、羽目をはずしても問題なし」と思っている男性も少なからずいる、ってことです。

でも、自分の意思を持ち、相手にもそれ(Yes or No)をしっかり伝えられるなら、問題ないでしょう。

治安は?(2019年現在)

モロッコ=>チュニジア??(モロッコの方が少し安心?)

一般犯罪と政治情勢(テロリスク)の2つに分けてみます。

いずれも年々、状況は変化してゆくものです。

好転してゆくこともあれば、悪化してゆくこともあります。

特に政治情勢(テロリスク)はたった数か月ですっかり変わってしまうこともあります。

*********

まず一般犯罪ですが、これについてはチュニジア、モロッコともに五分五分という感じです。

もともとイスラム教の国は、欧米と比べて貧富の差が少なく、イスラムの戒律もあるため、スリや強盗などの一般犯罪は少ないとされています。

ただ、犯罪というほどのものではありませんが、観光客を目当ての少々の悪さは、両国とも少なからず存在します。

たとえば「品物を高い値段で売りつけようとする」「親切に見せかけて観光客をお世話した後で、その見返りに高いお金を要求したりすること」などです。

中世からのアラブ商人の血が脈々と受け継がれているからでしょうか?

商魂たくましい人たちは結構います。

こういうときは、うまく笑顔で交わすか、気にせずに自分のペースで進めて(無視して)いれば、大丈夫でしょう。

難しいのは政治情勢、つまりテロに巻き込まれてしまうリスクです。

誰もが予測できず、突発的に起こるのがテロです。

予測のしようがないとは言え、ある程度、その国や政治状況の背景をしっておくことが必要かと思います。

背景を知っておくことで、テロが発生する可能性の高い場所を予測し、できるだけそのリスクを遠ざけることは可能なのでないでしょうか。

それについては、外務省がそれぞれに危険情報を出して具体的に情報発信しています。

いろいろ怖いことが書いてあります。旅行を止めたくなるかもしれません(笑)。

以下をクリックすると、両国の概要を見ることができます。

モロッコ危険情報

チュニジア危険情報

同じ国でも地域によって異なります。

結論からして、現状、政治情勢については、モロッコの方が少し安心と言えるかもしれません。

ただ、これは、2~3か月の間に急に変わってしまうこともあります。

そのときの外務省の情報を踏まえて、可能な範囲で予測を立てておくことしかできないですよね。

なお、両国の治安や現地風習、外務省の危険情報の見方などは下の記事が参考になると思います。

よろしければこちらの記事をご覧ください。

モロッコの治安は?注意したい現地の習慣や風習は?

チュニジアの治安は?注意したい現地の習慣や風習は?

旅行のしやすさは?

モロッコ=チュニジア

現地での公共交通や周りやすさは、大都市間の移動はモロッコに軍配。

モロッコの四大観光拠点、首都ラバト⇔カサブラン⇔マラケシュ⇔フェズの間を列車でつなぐことができます。

それぞれの町の旧市街の歩きやすさ、簡単さではチュニジアに軍配です。

各都市、各観光地がよりコンパクトで、徒歩でも動きやすいのがチュニジア。

モロッコのメディナ旧市街、特にフェズのメディナは世界最大、世界一の規模を迷路。

その複雑さが面白さでもありますが、迷わずに歩きやすいという点ではチュニジアのメディナです。

食事は?

モロッコ=>チュニジア

数百年という間、共通の民族文化の系統を受け継いできていることもあり、かなり近いものがあります。

ともに海辺のシーフードあり、クスクス、タジン、ミントティーなど、アラブ料理も充実しています。

ただ個人的には、全体として、料理はモロッコが好印象です。

出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

その理由はタジン」という独特の陶器の土鍋で肉や野菜を煮込んだおいしい料理がありますが、モロッコの方がより一層生活に浸透し、種類や味が充実しているように思えました。

チュニジアではもう少しシンプルで、出てくる頻度も少ないように思います。

タジン鍋についてはこちら

△それからハリラ」というトマトベースでクミンや種々の野菜を混ぜ合わせた温かいスープ

毎朝ホテルの朝食会場にも出ている類の定番で、日本でいうところのお味噌汁みたいな身近なもの。

筆者はこれが大好きです。

ほんと美味しいですよ!

ハリラはチュニジアでは、あまり見かけません。

スポンサーリンク

どっちの観光がおもしろい?(本題)

こうして見てゆくと、ほとんど一緒では???という感じですが、いよいよ本題。

ここで一番お伝えしたかった違いは、観光的なところの違いです。

モロッコとチュニジアには「片方にあって、片方にないもの」がいくつかあります。

イスラム圏の国の良さにハマって、モロッコとチュニジアの両方に行く人が少なくないのも、この違いがあるからでは?と思います。

モロッコに有ってチュニジアに無いもの

カスバ(カスバ街道)

カスバとは「砦(とりで)」の意味で、アラブ諸国独特の「城塞に囲まれた居住地区」。

または、その「建物」のことで、主に土で固めて作られています。

モロッコには約300kmにも及ぶ「カスバ街道」と呼ばれる道があり、道沿いいはバラエティ豊かな「カスバ」を見ることができます。

チュニジアでもカスバ的なものはありますが、規模も数もモロッコには遠く及びません。

△カスバ街道にて

リヤド(邸宅ホテル)

「リヤド」とは、古くからの邸宅を改装した造った中庭式の素敵なホテルです。

中庭の柱や庭、装飾などにイスラム・アラブの雰囲気がたっぷりで、古くからの伝統を感じることができます。

「リヤド巡りを目的」としてモロッコ旅行しても良いと思ってしまうほどです。

チュニジアにはこれにあたるものは少ないです。

出典:ウィキメディア・コモンズ©Arnaud 25

旧市街(メディナ)のすごさ

メディナとはアラブ民族が築いた旧市街のこと。

城壁で囲まれれた地区に、住居や市場(スーク)などの生活空間がところ狭しと詰め込まれ、それらがこみ入った迷路でつながれています。

特にフェスのメディナの規模と迷路の複雑さは世界一!!すごいのです。

今も数百年前の中世アラブ世界のにおい、音、人々の活気をそのまま感じられる場所です。

メディナはチュニジアにもありますが、規模や雑多感のパワーは、フェズが№1と言えるでしょう。

△フェズの高級ホテル「パレ・ジャメ」よりフェズのメディナの夜景を撮影(筆者撮影)

観光で見学できる砂丘の広大さはモロッコ

両国ともにサハラ砂漠の砂丘へ行く観光がありますが、砂丘の広大さ、美しさはモロッコのエルフードがおすすめです。

チュニジアでも砂丘(ドゥーズなど)がありますが、砂漠の入口のため、エルフードほどのものではありません。

△エルフード近郊のメルズーガ砂丘にて(筆者撮影)

チュニジアに有ってモロッコに無いもの

おしゃれ感(フランス色が強い)

全体として、町の雰囲気や人々の洗練された感じは、チュニジアの方が強いのでないでしょうか。

おそらく国土の半分くらいは地中海に面していて、チュニジアにはリゾート地が多いです。

大陸的なモロッコと比べて、ヨーロッパからの影響をより強く受けているように思えます。

特にチュニス、シディ・ブ・サイド、スース、ハマメット、ジェルバ島などです。

古代遺跡の数、保存状態はチュニジアに軍配

地中海の中心部に面しているという地理上の理由からも、チュニジアは数々の民族の興亡が繰り広げられた歴史舞台でした。

特に古代ローマ遺跡、フェニキア人の遺跡などが十数か所あり、その数と保存状態は圧倒的な素晴らしさです。

(モロッコで有名なローマ遺跡と言えば、ヴォルビリス1か所)

△エルジェムの円形闘技場

街歩きのしやすさ

チュニジアは国全体がコンパクトですが、各観光地の町もコンパクトで歩きやすいところが多いです。

メディアはほどよく迷路で、一人でも迷わずに歩けるくらいです。

自分の足で歩いてみると、その土地の生活が見えてきて、思わぬ驚きや発見があるでしょう。

ベルベル人の世界

ベルベル人とは北アフリカの先住民族。

アラビア半島からアラブ人がやってくる前から、この地に住んでいたのがベルベル人です。

数百年の間にアラブ人と血も生活空間も混ざり合い、区別がつきずらくなっていますが、チュニジア南部では、昔からのベルベル人の生活様式を残しているところが残ります。

土砂漠のベルベル人の特徴的な穴居式の住居をホテルにしたところもあります。(マトマタ)

とても特徴的です、インパクトがあります。

モロッコにも地方でベルベル人の末裔はいますが、生活もほとんどアラビア人と同じ。

広く一般的なカスバ以外に、ベルベル人本来の特徴的なものを見ることはあまりありません。

△マトマタにて(先住民の末裔、ベルベル人)▽

スポンサーリンク

結局、どちらがいいの?

ここからは個人的な意見を書きます。

チュニジア、モロッコの両方に3回以上行っていて「良い方」というと、本当に甲乙をつけられないです。

それぞれの良さです。

どうしてもどちらか一つ、もしくはどちらを先に行くべきかという質問なら、旅行する人によって、おすすめは分けられるかもしれません。

あまり旅慣れていない

モロッコ(情報の多さ、日本人が多い点で安心)

旅行経験豊富(旅慣れている)

チュニジア(変化とバリエーションが豊富、よりレア感がある)

熟年層(歴史文化への関心が高い)

チュニジア(遺跡、歴史文化の宝庫、圧倒的)

家族旅行(小さなお子様づれ)

モロッコ(安心、安全面)、生活感を感じる場所が多い。

カップル、夫婦

モロッコ(モロッコはリヤドなど宿のバリエーションが豊富)⇒チュニジア(各街が散策しやすい)

一人旅(異国体験、自分探しの旅)

チュニジア⇒モロッコ(チュニジアにより異郷感がある、日本人がより少ない)

スポンサーリンク