英会話

空港グランドスタッフになる英語勉強法は?JALANA経験者が航空会社地上職のリアルを解説!

空港内の様子 航空会社のグランドスタッフ地上職で働く

空港のグランドスタッフ(航空会社の地上職員)になりたいけど「どのくらい英語力が必要?」「英語に自信がないけど、どうしたらなれる?」という疑問をお持ちでしょうか?

最初は英語に苦手意識があっても、グランドスタッフに必要な英語レベルに達することは誰にでもできます。

帰国子女でなく、長期留学もしていない私JALとANAの試験に合格し、接客の現場で必要な英語力をどのように磨いていったか、2社で勤務した経験をもとに紹介します!!

スポンサーリンク
 

航空会社グランドスタッフ(地上職員)に求められる英語力

航空会社のグランドスタッフ地上職 チェックインカウンター 英語

グランドスタッフ(地上職員)の英語レベルは?

日系経航空会社グランドスタッフ(地上職員)の採用条件として必要な英語力は一般的に「TOEIC550点以上」と言われています。

ビジネス英語を使って商談を行う仕事などに比べれば、空港ではそこまで高い英語力が求められているわけでありません。

しかし、グランドスタッフは空港のチェックインカウンターや搭乗口でお客様に案内をする仕事。

国内線か国際線かにかかわらず、空港には外国のお客様がいらっしゃり、接客の際に必ずコミュニケーションが生まれます。

間違ったことを伝えてしまうと、グランドスタッフの接客が原因で航空会社のイメージが悪くなってしまいかねません。

採用時のTOEICの点数にかかわらず、グランドスタッフの仕事現場では確実な意思疎通ができる英語レベルが必要と言えます。

グランドスタッフは1日でどのくらい英語を話す?

航空会社のグランドスタッフ地上職の仕事 ターンテーブルにて

グランドスタッフとして入社後、自分が思っていたより多く英語を使うことを痛感。

チェックインカウンターや搭乗口でお客様と常に接し、空港にいる間は1日中英語を話す場面がでてきます

荷物や忘れ物の問合せで外国籍のお客様から電話がかかってくることも多々。新人のころは咄嗟にでた電話が英語でびっくりしていました。

また、客室乗務員(キャビンアテンダント)と地上職員では使う英語に違いがあるのをご存じですか?

客室乗務員はお客様とお話しするにしてもフライトに関することがメイン。多くの会話を必要としないこともあります。

グランドスタッフはカウンターや搭乗ゲートで多くのお客様と接し、臨機応変な英語力を必要とされる場面が多いのです。

スポンサーリンク

空港グランドスタッフになるまでの英語勉強法

航空会社のグランドスタッフ地上職の仕事 搭乗ゲートにて

試験はできても英語を話せなかった高校時代

高校時代、空港を走り回るグランドスタッフのお姉さんに憧れがあり、ぼんやりと「なりたいなぁ」と考えていました。

英語力は必須だ!と思い立ち、大学は英語を使う学科に進もうと決心。

高校在学中に英検2級まで取れて「机にむかって英語の勉強」には特に苦手意識はありませんでした。

しかし!!!

短期留学先のカナダで全然英語を話せず、試験の勉強ができても英語が話せるわけでないことに気づいたのです。このことは自分のレベルを客観視する良いきっかけとなりました。

時間のある学生時代に、一度、短期でも海外留学にチャレンジしてみるのも良い経験です。

最近ではアジアでの短期英語留学が比較的に安い費用できるようになり、人気が出てきているようです。

就職活動までに英会話力を高めた方法:大学時代

大学は希望の英文学科にはいり、英語の勉強漬け。

でも「英会話」の授業は少なかったです。話す力を伸ばす環境でないのは高校時代とほとんど一緒でした。

そこで会話力を上げるため、大学の英会話の先生につきあってもらい、英会話の練習をするように。

日本語を話せる先生なら、もし会話につまっても助けてくれます。

日本語を話せないネイティブスピーカーとの会話も勉強になりますが、レベルよっては全然コミュニケーションがとれません。

それだと英語の苦手意識が高まるだけになってしまいますよね・・・

先生なら「もしも通じなかったら……」という不安なく臆せず話せたので、英会話初級者の私にはとても良い方法でした。

身近に相手が見つからない場合、オンライン英会話を利用するのもおすすめです。

初心者レベルで英会話を勉強するときは、日本語を離せない相手との会話につまづき続けるより、日本語が通じる安心感も大切。

英語への抵抗がなくなって効果的ですよ。

スポンサーリンク

グランドスタッフになる採用試験対策:英語や面接は?

入社試験 採用面接 航空会社のグランドスタッフ地上職になるために

グランドスタッフ(地上職員)の面接試験は英語の実力だけで決まるわけではありません。

新卒で日本航空(JAL)に入社しましたが、その時点でのTOEIC点数は550~600点くらいの間で、英語面接もありませんでした

ただ、日系の場合も採用側からすれば「英語への抵抗がないか」「英語に興味があるのか」を知る材料になり、スコアが高い方が印象は良いと言われています。

英語が得意な場合はエントリーシートに書いておくと英語で質問されることもあり、自己アピールになりますね。

一方、外資系エアラインの場合はエントリーシートから面接まですべて英語の航空会社もあります

外資系を目指す方はTOEICのスコアや英会話力をネイティブスピーカーと問題なく話せるレベルに持っていかなければなりません。

(外資系航空会社は必要な英語力が様々なため、会社別に確認が必要です)

スポンサーリンク

グランドスタッフ:入社後の英語研修(日系航空会社)

航空会社のグランドスタッフ地上職の実務 搭乗ゲートにて

 

JAL(日本航空)、ANA(全日空)とも、グランドスタッフ(地上職員)としての研修でアナウンス研修以外の英語研修はありませんでした

アナウンスはマニュアルがあり、発音をメインとした試験があります。

アナウンス以外の英語研修がないのは、会社としては最低限の英語ができて入社してきていることを前提としているためです。

しかし、いざ現場に出てみると、新人のころは日本人のお客様の接客するだけで緊張します。それがさらに英語を使う外国人となれば、ますます緊張していました。

正直、英語ネイティブ相手にスラスラと対応している帰国子女の同期社員たちがうらやましかったです(笑)

英語に自信のない人は入社後からでも自力でブラッシュアップする必要があります。

スポンサーリンク

グランドスタッフの英語上達法:現場での苦手意識を克服

航空会社のグランドスタッフ地上職になりたい 英語力

グランドスタッフになってから、思っていたよりも多く英語を使うことに驚きました。

採用試験に一発合格できた英語力はあったのですが、それで「実際の業務でも十分」というわけでなかったのです。

空港のグランドスタッフの仕事はチェックインの手伝いや搭乗案内だけでなく、お客様からの質問、席の変更の交渉、預かり手荷物についてなど確認事項など様々。

ロストバゲージ対応で個人情報を細かく聞き出さないといけないことも。

同期入社のスタッフには帰国子女や長い海外留学経験があり、ネイティブと同じくらいに英語ペラペラという人たちも多くいます。

アメリカ人のお客様へ自分の言いたいことが伝わらず、帰国子女の同期にバトンタッチをして説明してもらったこともあります。

最初のうち、外国のお客様とうまくコミュニケーションがとれず、英語ができないことが苦手意識へと変わっていきました。

その時に「このままではだめだ!」と感じ、入社後にスピーキング力の向上を目指すこととなりました。

そして、少しずつの積み重ねで、入社1年後にはグランドスタッフとして自信をもって英語での接客をできるようになっていました。

入社後、どのようにして英語力を磨いてきたかをご紹介しますね。

リスニング力を高めた方法

1番苦労したのが、リスニング。聞き取れないとお客様とのコミュニケーションがとれません。

「英語わからない!苦手!」と思っていると永遠に耳に入ってこないので、まずは英語への抵抗をなくしましょう!

途中で挫折しないよう楽しく続けられるものを教材にするのがポイントです。

まず私がしたことはスマホアプリを使って英語のPodcastを聞き始めること。Podcastはインターネット上の音声配信サービスで、ラジオみたいなものです。

リスニングレッスン 航空会社のグランドスタッフ地上職 英語克服

おすすめは、英会話Podcastの「バイリンガルニュース」

英語のニュースを題材にして、Mamiが日本語、Michaelが英語でのバイリンガル会話が繰り広げられます。

英語が聞き取れなくても日本語である程度予想ができ、意味も分かりやすいのでモチベーションが下がりません。

専用アプリで文字起こしもでき、聞き取れなかったところを復習できます。題材も興味深いものが多く楽しく学べました。

CNNなどのニュースを見る方法もありますが、とっつきにくい話題が多く、私は続きませんでした。

バイリンガルニュースはスポンサーがいない分、2人の本音トークを楽しめるのもオススメ。

好きな洋画や映画を見るのもいいと思いますが、流し見をしても勉強にはなりません

曲だったら歌詞を、映画だったら字幕を見て気に入ったフレーズやシーンの英語を聞き取ることを意識しましょう。

TOEICでモチベーションを維持

 

TOEIC対策 航空会社のグランドスタッフ地上職の英語試験

また、学生時代にうけていたTOEICを再び受け始めました。

リスニングのスコアがあがっていると達成感につながるので、モチベーションを保つためにも定期的に受験

入社時は600点届かなかったスコアが1年後には700点前後になりました。


スピーキングを上達させた方法

とにかくたくさん実践しないと、英語を話せるようにはなりません。

机にむかって勉強しているだけでは、どれだけ時間がたっても話せる日は来ないのです・・・

最初は自信がなかったので、ポケットに入るサイズの「英会話辞典(使える会話集みたいなもの)」を持ち歩き、接客時には実際に辞典にのっているフレーズを使ってみて自分の中で定着させていきました。

また、決まったフレーズを覚えておくと応用がきいてくるので、よく使うものはまとめておくと便利。

現場で起こりうる会話を想定してシュミレーションを常にしておくと、いざというときに焦らずに対応できます。

航空会社のグランドスタッフ地上職やキャビンアテンダント

私の場合、同期社員とも仲がよかったので、帰国子女にお願いして通勤時英語で話してもらいました。

その時、うまく接客できなかったと思った部分は相談して文法を直してもらうことも。同期にはかなりお世話になりました。

空港で働いていれば身近に英語を話せる方が必ずいるのではないでしょうか。せっかくの環境なので、恥ずかしがらずに聞くことも大事です。

どうしても知っている人に頼むことが難しい方は、今はSNSが発達しているので外国人の友達を作ったり、オンラインの英会話講座を利用して練習するのもよいですね。

どのようなツールでもいいですが、大事なことは「英語で話す」ことを定期的に「続ける」ことです!

スポンサーリンク

まとめ:英語ができるとグランドスタッフの仕事が楽しくなる

空港ターミナル 航空会社のグランドスタッフ地上職の仕事

お客様のニーズに正確に応じることがグランドスタッフのやりがいに繋がりますし、英語を話せるとサービスの幅が広がります。

英語力を高める実践の場が少ないことに悩む英語学習者は多いですが、その点、英語を毎日使うグランドスタッフは恵まれた環境です。

英語が急に話せるようになる人はいないと思います。

リスニングを磨き、スピーキングを練習し、現場で実践をする流れを繰り返しましょう!

以前はできなかったコミュニケーションができるようになると達成感があり、仕事を楽しいと感じる瞬間が訪れますよ。

-英会話

© 2021 TRAVEL LIFE