ファブリス・ジロットの本店(ディジョン)を訪ねる方法

f:id:travelmeister:20180204232049j:plain

前回、日本で再上陸した高級チョコレート店「ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)」を綴りました。

おすすめの高級チョコレート ~ファブリス・ジロット東京本店~

今日はその続編。

ファブリス・ジロット本店のあるフランスのディジョンを訪れる方法について、体験談をもとにご紹介です。

ディジョンは、美食(グルメ)の地とも言われ、ブルゴーニュ・ワイナリー巡りの起点でもあります。チョコレート大好き+海外旅行もする人だけでなく、グルメやワインに関心のある人にもお勧めできる街です。

ディジョン 〜ファブリス・ジロット発祥の地、美食の地、ワインの街~

ディジョンは、パリから電車で片道約1時間半。(最速の列車TGVにて)ブルゴーニュ地方という、ボルドーと並ぶフランスワイン生産の一大拠点の中心地です。

街の大きさはフランスの中では中くらいでしょうか(人口約15万人)。昔、地方の首府(都)だった歴史と由緒のある場所です。

f:id:travelmeister:20180203095924j:plain

▲ブルゴーニュの郷土料理と言えば、エスカルゴ。食用カタツムリをにんにくと香草を使ったバターソースで煮詰め、オーブンで焼いた前菜です。エスカルゴだけではお腹いっぱいにはなりませんが、パンがあれば、けっこう食が進みます。

ディジョンへのアクセス方法と選択肢

ここではパリを起点にパリ~ディジョンへ移動するおすすめの方法をご紹介します。

パリ以外にも、フランス南東部の大都市リヨンから、パリと同様の列車(TGV)移動が可能です。また、スイス(シェンゲン協定加盟国)のジュネーヴからは国境通過審査はなく、スムースな陸路移動も可能です。

しかし、列車移動では乗り換えがあり、運行本数もあまり多くないので少し不便そうなので、今回はパリを基点とした方法について書いています。

列車で行く方法

パリ市内では郊外行きの起点となる大きな鉄道駅が7つほどあります。
ディジョン行きは、2018年現在、パリ・リヨン駅(Gare de Lyon)発。

以下は鉄道チケットを買う際におすすめの方法です。

MAX VISTA(株式会社 欧州エキスプレス)

ヨーロッパ以外を含めた世界の列車手配を取り扱う専門店からはじまり、現在は、HISのグループ会社の一つ。

MAX VISTAの良さは鉄道に詳しい日本人スタッフがいるので、不安なときは電話でもいろいろと相談できることではないでしょうか。

ヨーロッパ鉄道チケット・鉄道パス予約 欧州エキスプレスMAXVISTA

レイルヨーロッパ(RAIL EUROPE)

フランスに本社のあるヨーロッパ専門の鉄道切符の手配会社。日本を含め、世界各国に販売拠点があります。日本の旅行会社も欧州の列車切符をここから買っているケースもあるようです。

ヨーロッパに特化していえば、ここが一番詳しいのでないかと思いますが、特にヨーロッパ鉄道旅行では、この会社の「ヨーロッパ鉄道旅行ガイド」がとても参考になりました。

フランスの鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】www.railguide.jp

※それ以外にも店舗型の各旅行会社で取り扱いがありますが、日本で購入してゆく場合、手数料が乗ったり、為替レート関係で、基本的に現地のフランス国鉄(SNCF)で販売されている切符代よりも少し高くなります。しかし、安心料、困ったときの情報提供料と思えば、高くないかもしれません。

フランス国鉄(SNCF)で直接買う方法

もし外国語で予約する勇気があり、最安値で買いたい場合、直接、フランス国鉄(SNCF)の公式サイトで予約する方法もあります。サイト左側のTimetablesのバナーを開いて地名(PARIS,DIJON)や日付を入れると、料金や時刻を検索できます。

SNCF – Trains, Services, Businesses | SNCF

列車切符は駅構内でも買えますが、朝など混む時間帯には並んで時間がかかりますし、乗りたい列車の残席有無の問題もあります。

※ヨーロッパでは列車の乗り方、改札の仕組みが日本と違い、最近は航空券同様、eチケットという形が増えています。事前に少し予習が必要です。駅での手続き、列車の乗り方などは前述の鉄道切符を取り扱う会社のサイトが充実しています。

パリを起点としたオプショナルツアーに参加する方法

メジャーどころとして、ベルトラみゅう(ミキ・ツーリスト)マイバスなどが、充実した現地発着のオプショナルツアーのラインナップを揃えていますが、パリを起点とした「ディジョンへの日帰りオプショナルー」は見当たりません。あまりニーズがないからでしょうか・・・。

一方、ブルゴーニュのワイナリーへの日帰りツアー、ディジョン起点のワイナリーや修道院巡りなど、結構充実しています。

プライベートツアーをオリジナルで組む方法

フル・オーダーメードで、専用車(セダンやミニバン)やガイドを手配する方法です。この種の手配は、地域やテーマに専門特化した中小の旅行会社で比較的に強く、きめ細かく対応しているようです。

しかし、料金は高額で、車1台1日5~10万円、ガイド1名1日5~10万円なんていうのはざらです。快適で便利ですが、少人数旅行では費用面で合わない(コスパが悪い)ので、5名くらい以上のお仲間旅行で、はじめて選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

ディジョン到着後

ファブリス・ジロット本店は、ディジョン駅を出てから、徒歩で約12~15分前後の旧市街の中心地にあります。スーツケースの運搬がない限り、タクシーや公共交通を使うほどの距離ではないと思います。

ディジョンの街の見どころやお店やレストランも多いので、まずはこのあたりの場所を目指し、街の様子をつかみながら、ファブリス・ジロット本店へたどりつけるでしょう。

ファブリス・ジロット本店

FABRICE GILLOTTE – CRÉATEUR CHOCOLATIER
21, RUE DU BOURG – 21000 DIJON FRANCE  (2018年1月現在)

10年ほど前までは、いかにも家族経営のアットホームな店構えでしたが、その後、お店がリニューアルし、洗練された都会的な外観へ一新しました。

以前のお店の看板には「AU PARRAIN GENEREUX」(オー・パラン・ジェネルー)と書いてあります。「気前の良い代父」という意味だそうで、いかにも地方の伝統的なお菓子職人といった風情です。

f:id:travelmeister:20180203110055j:plain

▲今から10年ほど前、新装する前(2008年頃まで)のフランス本店の外観

▼現在のフランス本店の外観

f:id:travelmeister:20180203111424j:plain

なお、チョコレートを作っているアトリエは、ディジョンにある本店から約10kmほど離れたディジョン近郊の辺鄙な場所にあります。訪問はタクシーを利用するなどしないと難しそうです。www.fabrice-gillotte.jp

番外編:スーツケースの問題(運搬、取り置き)への対処

スーツケースでの旅行の場合、パリを起点とした日帰り旅行で、スーツケースを宿泊ホテルの部屋に置いてゆける場合は問題ありません。

しかし、チェックアウトしなければならない場合、到着が早くてまだホテルへチェックインできない場合は少し厄介です。スーツケースのような大きな荷物でなくとも、海外では「コインロッカー」も少ないので、海外旅行では「ホテルに預かってもらう」ことを選択肢へ入れることは多いと思います。

そのときに役立つ英会話集をまとめてみました。

出典:ホテル予約サイトアップルワールド社「ホテリスタ」よりhotelista.jp

hotelista.jp

荷物を宿へ預ける際の注意点

★パスポートや現金、カードなどの貴重品を預ける荷物に入れないでおく

★預ける荷物(スーツケース)に鍵をかけておく

 

レアケースかもしれませんが、海外では預けた荷物が他人のものに差し替えられてしまう巧妙な手口の盗難もあるようですし、ホテルによっては宿泊客が立ち入れてしまうバゲージルームもあり、ホテルの手に負えない盗難がないとは言いきれません。

ホテルのクラス(等級)によって対応差はあるものの、原則、盗難のトラブルには完全には責任が負わないようですので、貴重品は注意が必要です。(特にホテルのクラス(等級)が下がれば下がるほど、スタッフ人数も少なく、バゲージ・ルームの管理はずさんな印象です)