JAL「空育」工場見学(SKY MUSEUM):日本航空のおすすめの無料体験ツアー

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

羽田空港での日本航空(JAL)主催の工場見学に行ってきました。

日本航空が社会貢献活動「空育」の一環として、入場料無料で実施しているものです。

レアな面白い体験で、大人同士、親子家族、どちらでも楽しめること間違いなしの半日無料ツアーです。

トリップアドバイザーさんの口コミで選ぶ!”行ってよかったスポット”、無料観光スポット部門」第1位に輝いています。

ご紹介します。

スポンサーリンク

スカイミュージアム館内の展示を自由見学

館内職員の案内で建物(SKY MUSEUM)の中に入ります。

まずはSKY MUSEUMの案内図。

レクチャーホールが3部屋、仕事紹介エリア、アーカイブス(歴史変遷)など展示ブースのほか、お土産店も。

英語と中国語の表記もあり、外国人対応もしているのですね!

まずはこのエリアで約30分、自由に見学です。

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

▲普段目にすることの少ない「航空整備士」のブース。飛行機の安全性にかかわる部分。

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

▲グランドハンドリング&貨物スタッフの仕事のブース。

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

▲パイロットのブースでは、実際にコックピットに座ってみることもできます。

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

アーカイブスのブースにあった扇。

お客様へのお土産として配っただけでなく、空調の技術がまだ十分でなかった頃には、実用品としての意味合いもあったそうです。

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

▲歴代のCAさんの制服▼

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

アーカイブのところでは、日本の航空史、日本航空の歴史を見学できました。

日本航空の会社設立が1951年。

まだ、70年弱しかたっていないのですね。

人類の進化のスピードはすごい!!

スポンサーリンク

教室内での飛行機や日本航空のお話をレクチャー

その後、約30分、レクチャー室でJALの現役の職員のかたから話を聞けました。

撮影禁止でしたが、「飛行機が飛ぶ原理」や「安全に飛ぶ最新の技術」などを素人でもわかりやすく教えてくださいました。

たとえば、下記のような、とても興味がわく内容でした。

●羽田空港は離発着数は世界で5番目。(アトランタ、北京、ドバイ、ロスの次)

●離発着頻度を均等にわると、2~3分に1便。

ラッシュ時間帯には1分数十秒に1回。(そんなに混雑しているとは!定刻運航したいのがよくわかった)

●羽田には滑走路が4本あるが、風向きによって、離発着で利用する滑走を流動的に変えている。

これが目から鱗!

●ジャンボ一機を満席で運航する場合総重量は、約300数十トン。

象が約75頭、8両編成の新幹線とほぼ同じ重さ。

●重さのうち、機体が約半分近く、積んでいる燃料の重さが約4割。

乗客、貨物が1割弱。(重量は機材や路線、乗客数によって前後するので一例)

レクチャー室の写真が公式サイトに少し掲載されています。

スポンサーリンク

JAL工場見学最大のハイライト:日本航空の格納庫見学

館内でのレクチャーや展示見学が終わると、いよいよ現場の見学。

このツアー最大のハイライト見学です。

約40分、普段、決して目にすることのない飛行機のメンテナンスを間近で見学。

とにかく大迫力!!

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUMにて

スタッフの話では、見学しているうちに、お子さん連れできたお父さんのほうが、はしゃぎはじめてしまうとのこと。

それは確かにそうかも。大人が童心にかえってにテンション上がります。

飛行機を見るのが好きな人におすすめの記事

成田空港と周辺で飛行機が見える場所 おすすめ5選

航空科学博物館:乗りもの好きな親子におすすめの場所(成田空港近く)

調布飛行場 小型飛行機を見学する絶好のスポット

スポンサーリンク

アクセスと予約方法(完全予約制)

場所は、東京モノレール「新整備場」駅下車、徒歩2分。

急行が止まらないので、ご注意です。時間もかかります。

「駐車場、駐輪場はございませんので、自家用車、自転車でのご来場はご遠慮ください。」とあります。

JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜 アクセス(公式サイトより)

JAL(日本航空)メインテナンスセンター

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUM

完全予約制。

このツアー見学のための最大の難関は予約を取ることだそうです。

見学希望日6ヶ月前の同一日09:30より予約受付を開始。

お申し込みは、インターネットでのみです。

個人で何度か予約見学したことがある人の経験談では、予約受付開始後、あっという間に埋まってしまうことが多いとの話でした。

特に土曜日は人気が高く、平日が狙いめとのこと。

JALカード会員が優遇される日もあるようで、JALカード会員限定日は一般枠よりも有利かもしれません。

スポンサーリンク

おわりに

約2時間弱の見学。

工場見学で飛行機の安全管理の現場、大型のジェット機が安全に飛ぶ原理も少し教えてもらったことで、安心感も高まりました。

ストラップ付きの入館証、リーフレットは、記念土産として持ち帰ることができました。

JAL(日本航空)工場見学「空育」SKY MUSEUM リーフレット

全日空でもそういう工場見学をやっています。

関連情報▼

JAL工場見学 公式サイト https://www.jal.co.jp/kengaku/

ANA工場見学 公式サイト https://www.ana.co.jp/group/kengaku/how.html

スポンサーリンク