モントルー(スイス)への行き方、おすすめ観光、気候・天気、移動交通手段

モントルー駅(国鉄SBB)

スイスのモントルーは、フランスと国境を接するレマン湖の伝統的なリゾートタウン。

ヨーロッパのセレブたちの別荘があり、7月に開催されるモントルー ジャズ フェスティバル、ロックバンド・クイーン(QUEEN)ゆかりの地として知られます。

この記事では「モントルーにはどうやっていったらよいの?」「モントルーのベストシーズン、気温や降雨量は?」「モントルーの観光の移動交通手段はどのような方法がよい?」といった疑問についてヒントとなる情報を紹介したいます。

スポンサーリンク

モントルーへの訪問方法、行き方、気温・気候

モントルーはスイスの西側、レマン湖の東端に位置する美しい町です。

美しい湖と山、緑に囲まれた風向明媚な小さな町で、ヨーロッパのお金持ちや有名人の別荘や休暇地として知られています。

フランスとの国境を接し、使用言語はフランス語。

穏やかな自然の中にあって、人口約2万人のほどよく便利で暮らしやすい町として知られます。

周辺にはユネスコ世界遺産の「ラヴォー地区のぶどう畑」があり、美味しい白ワインの産地としても知られます。

これだけ良い条件の揃った場所だけあり、クイーン(QUEEN)だけでなく、大女優オードリー・ヘプバーンや喜劇役者のチャーリー・チャップリン。

さらにはイギリスのロックバンドのディープ・パープル、デヴィッド・ボウイなどが、モントルーに別荘を持っていました。

日本からモントルーへはジュネーヴ空港基点がおすすめ

ジュネーヴ空港からモントルーへ(列車内よりレマン湖を望む)

ジュネーヴ空港からモントルーへ(列車内よりレマン湖を望む)

モントルーは、ジュネーヴ空港からの便が良く、空港から特急列車で約1~1時間10分。

現状、日本からジュネーヴへの直行便はなく(スイスの航空会社でもチューリッヒ経由)、乗り継ぎ便でジュネーヴに入る方法です。

▽ジュネーヴへのルートや発着時間、空席状況、航空券代の比較はこちら▽

» スカイスキャナーで航空券代を比較

ジュネーヴ空港 ⇔ モントルー間の移動

モントルーは、ジュネーヴ空港からの便が良く、国鉄(SBB)でジュネーヴ空港⇔モントルー間には30分に1度くらいの割合で特急列車が運行しています。

空港から電車で約1~1時間10分。片道で日本円換算で約3500円(2等座席利用の場合)くらいです。

直通列車と乗り換え列車があります。スーツケースなど、荷物の積み下ろしがたいへんなので、直通列車を選ぶことがお勧めです。

列車のスケジュールや料金を調べる (注)

(注)検索窓の出発地に「ジュネーヴ空港」または「GENEVA AIRPORT」、目的地に「モントルー」または「MONTREUX」と入力

ジュネーヴには空港駅の「GENEVA AIRPORT」と市内「 GENEVE CFF」という異なる2つの駅があり、空港からだと前者を入力

モントルーの気候

モントルーとレマン湖

モントルーは海抜で約390m。夏は暖かく、冬は非常に寒く、年間を通じて湿度が高いことが特徴です。

(一般的に海抜が100m高いと、気温は0.6℃下がると言われています)

年間の気温は 冬はマイナス2°C程度まで気温が下がり、夏は26・27°Cくらいまで上がります。

その年によって異なりますが、概して日本の同時期の関東地方よりも体感で3~4℃くらい気温は低めくらいでしょう。

モントルーのベストシーズンは6月下旬~9月上旬頃と言われています。

モントルーの現在の気温と天気予報を見る(地球の歩き方ドットコムより)

過去5年間のモントルーの気温や降雨量を見る(英語による気温と降雨量の推移グラフを表示)

モントルーの一般的な観光情報はこちら「スイス政府観光局」のサイトも参考になるかと思います。

スポンサーリンク

モントルー内での周遊方法

モントルーはさほど大きい町ではなく、レマン湖畔沿いのプロムナード沿いに中心部を歩くと、端から端まで30分くらいのサイズです。

モントルーを基点とした滞在をする場合、徒歩を中心として、公共路線バス(VMCV)と電車(SBB=スイス国鉄)を利用する方法がたいへん便利です。

ホテルがモントルーの場合、たとえばフレディ・マーキュリー像やクイーン・スタジオ・エクスペリエンスなどは、基本的には徒歩だけで周れてしまいます。

フレディマーキュリー像とマルシェ広場/モントルー(スイス)

モントルーの隣町ヴヴェイ(Vevey)に宿泊した場合も、鉄道から路線バスで、モントルーと周辺の見どころは、20~30分もあれば、訪問できる位置関係になります。

モントルー市民の足は、自家用車以外では、基本的には公共路線バス(VMCV)。

流しのタクシーはほとんど見かけることは少なく、利用する場合は、ハイヤー(電話予約する方法)と考えた方がよいでしょう。

さらに、隣町のヴヴェイ(VEVEY)有名観光地のシヨン城(Château de Chillon)へ行く際は、日中はモントルー中心部から約10分おきに路線バスが出ており、電車利用でも10分くらいで行くことが可能でしょう。

モントルー 路線バス

スイス国鉄(SBB)鉄道で町の外へ出る場合(例:モントルー~隣町のヴヴェイ)の移動としては便利ですが、モントルー内は鉄道駅よりも路線バスの方が、バス停留所の方がストップ間隔が短く、湖沿いに近く、やや便利と言えます。

モントルーの公共交通の乗り方と「リヴィエラ・カード」

モントルー 路線バス バス停

意外かもしれませんが、モントルーの公共交通機関は、基本的に乗り降りの際のチケットチェックは行っていません。

これは路線バス、列車ともにそうです。

鉄道駅には改札は存在せず、駅での切符の検閲もなく、乗り降り自由です。

さすが優雅な・・・。(無銭乗車をする人がいないほど、生活水準の高い町ということでしょうか・・・)

ただし、抜き打ちでチケットを見せてと言われることがあります。これは公共交通の車内にも明示されています。

このときに「有効なチケット類」を所持していないと80フラン(約1万円)の罰金となるので注意をしましょう。

チケット類を都度見せる必要はありませんが、携帯している必要はあります。

モントルー・リヴィエラカード(サンプル)MONTREUX RIVIERA CARD

モントルー・リヴィエラカード(サンプル)

モントルーや隣のヴヴェイ地区にあるホテルに1泊以上宿泊すると、チェックインの際、市バスや鉄道が無料で利用できる「モントルー・リヴィエラカード」が渡されることがあります。

モントルー・リヴィエラカードは地元行政機関が発行するもので、ホテルへ払う宿泊税が財源になっているそうです。

このカードは、特定に区域内の公共交通機関が無料(乗り放題)となるほか、モントルーの美術館などの入場料が半額になる特典も付いており、とても便利で嬉しいカードです。

無料区域はこちら(2ページ目の地図)(出典:地元観光局の公式サイト「MONTREUX RIVIERA CARD」英語)

是非、有効に使いましょう。

(注)レマン湖クルーズは地元政府でなく、民間会社の運営のため、リヴィエラカードは利用できません。

「201系統」路線バスが便利

モントルー 路線バス 201系統

モントルーの路線バス車内 201系統 ルート

クイーンゆかりの地を訪問したい場合に便利なのは、下の路線図の一番下、青い路線「201」系統です。

モントルーと周辺のバス路線図

1~2日間の滞在で遠方に行かないかぎりは、201系統1本だけで、ほとんど事足りてしまうと言っても過言でありません。

この201系統のバスは、Vevey(ヴヴェイ) – Montreux(モントルー) – Chillon(シヨン) – Villeneuve(ヴィルヌーブ)の約13kmを結んで、行き来しています。

モントルーの路線バス 201系統 時刻表

乗り降りは自由。乗り降りの際、チケットを見せたり、お金を入れたり、整理券とったり、電子マネーを機器にかざすこともありません。

基本的に乗り降りの際のチケット・チェックも行っていないのでとても簡単です。

201系統バスの時刻表(公式サイトのリンク)

運行バス会社の公式サイトのリンク(時刻表)は、主要バス亭の抜粋となっており、すべてのバス停が掲載されてはいません。

しかし、あまり時間に神経質になる必要はありません。

曜日によって多少の違いはあれ、朝は5時40分頃から運行が始まり、深夜24時過ぎまで、ほぼ10分おきに運行していることがわかります。

おそらくは、始発と最終と運行間隔だけを知っていれば、良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

モントルーと周辺のおすすめの観光

モントルーはさほど大きい町ではなく、訪問見学地の周遊がしやすい場所です。

以下で見どころのいくつかをご紹介しています。

モントルー周辺の日帰りツアーをTripAdvisorで調べる 

シヨン城 モントルー

❶世界遺産「ラヴォー地区のぶどう畑」
スイス観光局サイト(日本語)

❷ル・コルビュジエの建築作品「湖の家(Villa le Lac)」(コルソー)
スイス観光局サイト(日本語)/公式サイト(英語)

❸チャーリー・チャップリン記念館(ヴヴェイ)
スイス観光局サイト(日本語)/公式サイト(英語)

❹モントルー「ジャズ・フェスティバル(毎年7月)」会場(モントルー)
地元観光局サイト(英語等)/公式サイト(英語等)

❺❻モントルーにある「クイーン(QUEEN)」ゆかりの地

❼シヨン城
スイス観光局サイト(日本語)/公式サイト(英語等)

モントルー全般やレマン湖クルーズの情報(スイス観光局・日本語)

スポンサーリンク

関連情報

よろしければこちらもどうぞ!▼

スポンサーリンク