クイーンゆかりの地③ロンドン中心部編 ≪QUEENファン聖地巡礼バイブル≫

ソーホーにて

1960~70年代にロック音楽の中心地だったロンドン中心部(ソーホーなど)で、イギリス出身のロックバンド「Queen(クイーン)」の聖地や関連スポットを集めました。

海外のサイトや本、訪問体験談など、いくつかの情報源を整理してまとめたものですが、QUEEN関連のスポット巡り、聖地巡礼の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ソーホー周辺

ドミニオン・シアター(地図❶)

2002年~2014年までミュージカル「We will rock you」を上演していた名物劇場がドミニオン・シアター(Dominion theater)。

2014年5月までのロングランが幕を閉じた後にフレディの像は撤去されましたが、かつてはクイーン・ファン必見の地の一つでした。

フレディ・マーキュリー像(ドミニオンシアター)

出典:wikipedia

ドミニオン・シアター(ロンドン)Dominion theater

以前、劇場の前に設置されていたフレディ・マーキュリー像は撤去されていますが、そのフレディ像はどこに??

現在、ロンドンから南西部郊外、約1時間半のサーレイ州という場所にあるロジャー・テイラーの自邸の庭にあるようです。

ロジャー・テイラーの妻、サリーナさんのインスタグラムより

A walk in the garden… saying hello to an old friend 📷 Sarina Taylor

庭を散歩・・・旧友に挨拶(サリーナ・テイラー)

 

View this post on Instagram

 

A walk in the garden… saying hello to an old friend 📷 Sarina Taylor

rogertaylorofficialさん(@rogertaylorofficial)がシェアした投稿 –

ロジャーがフレディ像を引き取って自宅に設置したというイギリス地元の記事はこちら

名称:ドミニオン劇場(Dominion Theatre)
所在地:Tottenham Court Road W1
アクセス:地下鉄セントラル線「トッテナム コート ロード(Tottenham Court Road)」駅から徒歩で約1分(100m)
最寄駅からの行き方を地図で見る

トライデント・スタジオ(地図❷)

トライデント・スタジト(Trident Studios)

トライデント・スタジオはビートルズ、ローリング・ストーンズ、デヴィット・ボウイなど、名だたるミュージシャンたちが収録に使った有名スタジオ。

クイーンがデビュー後、初期にマネジメント契約し、レコーディング・スタジオを使用していました。

例えば「YouTube動画:Seven Seas Of Rhye(輝ける7つの海)」などがこのスタジオで収録。

1970年代前半、まだビックネームになる前のクイーンは、他のミュージシャンが使用しない隙間時間にだけ利用できたと言われます。

音楽的には自信を持っていたクイーンが、経済的には、もがき苦しんでいた時期。

その後、フレディが「事務所のマネージャーはロールス・ロイス(超高級車)に乗っているのに、僕らは売れ始めても週休60ポンド(現在の日本円で9000円)しかもらえない!」と反旗を翻した話は有名です。

アルバム「オペラ座の夜」の1曲目に収録された「YouTube動画:Death on two legs (dedicated to……)」は、その時の恨み節が込められていると言われているほどです。

歌詞を見ても、その怒りが頂点に達していることがわかりますね!(笑)

「Dearth on two legs」の日本語歌詞に関心のあるかたは、こちら「洋楽和訳 Neverending Music」をご参照下さい。

名称:Trident Studios
所在地:17 St Anne’s Ct, Soho, London W1F 0BQ
アクセス:地下鉄セントラル線「トッテナム コート ロード(Tottenham Court Road)」駅から徒歩で約6分(500m) または ピカデリー線、ベーカールー線「ピカデリーサーカス( Piccadilly Circus)」駅から徒歩で約8分(600m)
※その他、レスター・スクウェア駅 (Leicester Square tube station)やオックスフォード・サーカス駅 (Oxford Circus Station) 駅からも徒歩圏内(以下の地図リンク参照)
最寄駅からの行き方を地図で見る

ウォーダー・ストリート(Wardour street)(地図❸)

出典:Twitter(David Powell

ロンドン中心のソーホー(Soho)は、レストラン・カフェ・クラブ・ライブハウス等の集まる歓楽街。

1960~70年代、「Sex&Drug(当時一般的なロックでカッコいいと思われていた頽廃的な生き方)」のシンボルだった地域です。

ソーホーのトライデント・スタジオでのレコーディングの合間でしょうか。

クイーンと言えば、ウォーダーストリート(Wardour street)で撮影した上の写真が有名です。

ウォーダーストリート(Wardour street)を挟んで、トライデント・スタジオと反対側、「Arlette House」という小さなビル前の歩道で、1970年代前半に撮影された写真のようです。

写真はこちらのサイト(DANGOROUS MIND)のものも大きくて見やすいです。

名称:Wardour street
所在地:143 Wardour St, Soho, London W1F 8HQ
場所はトライデントスタジオの近く、徒歩1~2分
トライデントスタジオからの行き方を地図で見る

 

スポンサーリンク

トラファルガー広場周辺

プレイハウス・シアター(地図❹)

プレイハウスシアター(ロンドン)Playhouse Theater

1985年ウェンブリーで復活を果たしたクイーンの4人が再び団結し、アルバムの制作に取り掛かりました。

そして発表されたのが、クイーン後期の名作「カインド・オブ・マジック(A Kind of Magic)」です。

プレイハウス・シアターと言えば、アルバム「カインド・オブ・マジック(A Kind of Magic)」のミュージックビデオが撮影された場所。

ロンドン中心部、観光地として有名なトラファルガー広場の近くです。

下がカインド・オブ・マジック(A Kind of Magic)のミュージック・ビデオ。

気のせいか、曲や表情から、復活したクイーンの充実した感じが伝わってきます。

名称:Playhouse Theater
所在地:Northumberland Ave, Charing Cross, London WC2N 5DE
アクセス:地下鉄「チャリング・クロス駅(Charing Cross)」または「トラファルガー広場」より、徒歩5分
最寄駅からの行き方を地図で見る

ナイトクラブ「HEAVEN(ヘブン)」(地図❺)

ヘブン HEAVEN NIGHT CLUB

プレイハウスシアターの近くにはナイトクラブ「HEAVEN」。フレディ・マーキュリーが通っていたと言われるゲイ・バー。

映画『ボヘミアンラプソディ』の中でフレディは最後の恋人ジム・ハットンと自宅で知り合う設定ですが、実際にはこのバーで知り合ったとされています。

昨今、日本を含めて国際的にLGBTへの理解が進んでいますが、Night Club「HEAVEN」は1979年にオープン後、現在もそうした場として各種イベントが活発に開催されているようです。

Heaven Facebook公式ページ

Facebookページのトップページで流れている動画が、映画『ボヘミアンラプソディ』で出てくるパーティの世界そのままで「フレディがそこに居るのでないか」と錯覚してしまうほど。

参考までに、2019年秋以降、HISがクイーンに特化したロンドンの日本語現地オプショナルツアーも始めたようです。

HIS 2名催行「安心の日本語アシスタント同行 ボヘミアンツアー」毎週火曜・金曜:半日ツアー

案内写真にHEAVENが載っています。公共交通利用なので、料金も安いですね。

名称:Night Club HEAVEN
所在地:Heaven, The Arches, Villiers St, Charing Cross, London WC2N 6NG
アクセス:地下鉄「チャリング・クロス駅(Charing Cross)」より徒歩3分
最寄駅からの行き方を地図で見る

 

スポンサーリンク

関連情報、現地訪問のお役立ち情報

ロンドン路線バス№9(9系統)

ロンドン市内の西側「ハマースミス(Hammersmith」から、ケンジントン・ハイストリートを通って、市内中心部に向かうのが、路線バスの9系統「オールドウィッチ(ALDWYCH)行き」。

「ハマースミス(Hammersmith」⇔「オールドウィッチ(ALDWYCH)行き」間を約30分で結んでいます。

この路線はブライアンやフレディなど、クイーンのメンバーたちが「ロンドン中心部に出るときに頻繁に利用していた」と回想していたバス。

ロンドン市内のケンジントンや市内中心部のクイーンゆかりの地巡りに便利な路線です。

ロンドン市内バス 9系統の路線図

フレディ・マーキュリーは、見晴らしの良いバスの一番前に乗るのが好きだったと伝えられます。

路線バスの9系統「オールドウィッチ(ALDWYCH)行き」に乗って、バンド・メンバーたちが見たのと同じ景色を楽しみながら移動するのも楽しそうですね。

また、路線バス№9は、ロンドン市内のクイーンゆかりの地の大部分を網羅できます。

№9の路線バス(9系統)の路線図とタイムテーブルを公式サイトで見る(タイムテーブルはバス停名をクリック)

路線バスや地下鉄を利用して訪れるのには、日本のPASMOやSUICAに当たる交通系IC「オイスターカード」などが便利。

路線バス№9やロンドン現地の交通機関の詳細については、こちらの記事の中の「路線バスや地下鉄を利用して訪れるには?」をご参照ください!

スポンサーリンク

クイーンの世界へどっぷりと!!

クイーンをもっと知るためのお勧め本

筆者が読んで役に立った本をご紹介。

フレディを長く取材し続けた記者による伝記の日本語訳。第三者視点で客観的に書かれ、内容は幅広く登場人物も多岐にわたる。もう少し字が大きかったらよいが、これだけ多くの情報量を詰め込んでいるので仕方がないか・・・

あのジム・ハットン(フレディの最後の恋人)による手記の日本語訳。近い人間だからこそ知りえる情報や恋人視点の内容に臨場感が感じられて読み応えがある。

さすが公式ガイドブック。内容も充実し、何よりも情報の信憑性が高い。クイーン・ヒストリーを正確に網羅している。写真がいい。掘り出もの的な情報も。

最近(2019年)出た歌詞に関する本。『クイーン詩集 完全版(QUEEN THE COMPLETE LYRICS)』との違いは、著者視点の踏み込んだ解釈をやわらかい言葉で説明していること。クイーンの歌詞への新しい視点が得られて面白い。

クイーンゆかりの地、聖地巡礼の関連記事

スポンサーリンク