ロンドンのおすすめの季節、気温、治安、航空券手配のコツ

ロンドン ソーホー

ロンドンでロックバンドQUEEN(クイーン)ゆかりの地、聖地巡りをする際の実用情報を紹介!

「ロンドンを訪問するならいつが良い?ベストシーズンは?」「航空券を安く買う方法は?」などの疑問をもつ人へ向けての情報を紹介!!

スポンサーリンク

それぞれの季節の特徴とベストシーズン

春(4~6月)
日照時間も長くなり、過ごしやすい時期。
特に5~6月は、例年、イギリスのベストシーズンと言われます。

夏(7~8月)
日が長く、観光や見学に費やせる時間が長いことも利点。緑も美しい時期。日本と比較して湿気がなく、夏としては過ごしやすいですが、気温が上がる年も少なからずあります。
日中の屋外での疲労度は他の季節より高めです。(しかし、日本の真夏よりは、かなりマシですね)

夏と秋の間(9~10月)
暑くなく、寒くなく、気温的にはちょうどよく、日照時間もそこそこあるため、ねらい目の時期の一つです。

夏と秋の間(11月)
気温下がりはじめ、日が短くなる時期です。気温などは観光に支障のないくらいですが、日照時間の短さが気になります。(例年、日の短い11月下旬~12月のロンドンの日の出は午前8時半頃、日の入り時間は17時頃)

冬(12~3月)
気温が下がり、日照時間も短いため、イギリスへの訪問者が少ない時期です。
その分、航空券代が安く買えることも多く、特に3月はねらい目の一つかもしれません。

▽訪問時期の日照時間や過去の降雨量を調べる方法はこちら▽

ロンドンの現在の気温と今週の天気予報を見る

ロンドンの過去5年間の気温と降雨量を見る(英語による気温と降雨量のグラフ)

世界の日の出、日の入り時間を調べる便利なツール3選

スポンサーリンク

注意すべき治安の悪い場所、地域など

比較的治安が良いと言われるロンドンでも、絶対安心とは言えず、日本とは全く別の緊張感があります。

特に、初めてロンドンを訪ねる場合、しっかりと現状把握し、自己防衛のための対策をしておくことが肝要ですね。

全体的に注意したいのが「スリ、ひったくり」です。

また、治安の悪い場所、地域、エリアもあります。特に夜も要注意です。

以下、タビナカと外務省のサイトの2つくらいに、さっと目を通しておくとよいのでないでしょうか。

ロンドンの治安に関して、とてもよく説明されているサイトがこちら(タビナカ)

ロンドンの治安を徹底解説!正しい知識で楽しい旅行にしよう★ 

また、かなり厳しめのことが書かれていますが、外務省の海外危険情報サイトも参考になります。

外務省海外安全ホームページ「安全対策基礎データ(ロンドン)」

安全対策の一つですが、「たびレジ」というものがあります。

旅行中にその国の中で何か発生した場合、メールが配信され、日本大使館と情報共有がされるのが「旅レジ」です。

「たびレジ」のサイトの登録画面はこちら

スポンサーリンク

安く航空券を購入するコツ

イギリスやヨーロッパのベストシーズンの6~9月は全体的に航空券代は高めです。

逆に11月~2月くらいまでは、特別なイベントや連休と重ならない限り、ロンドンへの航空券代は安めの時期です。

ロンドンへの航空券は、ブリティッシュ・エアウェイズや日本航空(JAL)などの直行便がありますが、ヨーロッパ系航空会社の乗り継ぎやアジア系航空会社を検討するのも一つの選択肢です。

また、インターネットでの航空券を予約する際は、予約のタイミングが早いほど安く購入することができます。

航空券代は残席が少なくなるほど、購入できる料金が上がってゆくため、予定が確定したら、早めの予約が理想的です。

また、予約の際には「航空券のキャンセル料がいつからかかるか?」「キャンセルの場合はいくら戻ってくるか?」によっても、料金が変わります。

料金が安いほど、その条件(キャンセル時に戻る額)が厳しい傾向もあります。

予約時にはその点も確認しておきたいですね。

スカイスキャナーでロンドンへのルートや航空便を比較

スポンサーリンク

関連情報

よろしければこちらもどうぞ!

聖地巡りの現地での交通手段や現地ツアーなど

ロンドンでおすすめの宿泊ホテル

スポンサーリンク