アニメの聖地、水木しげるの調布(東京):妖怪スポットを紹介!

深大寺 鬼太郎茶屋 ゲゲゲの鬼太郎

東京都西部の調布(ちょうふ)は、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」発祥の地として知られる町です。

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、故水木しげるさんは、調布で40年以上を過ごしました。

調布駅周辺には水木プロダクションもあり、漫画の題材ともなった場所が多くあります。

この記事では調布周辺の「ゲゲゲの鬼太郎」の関連情報やスポットを紹介します。

スポンサーリンク

① 天神通りとその周辺

調布駅北口から徒歩3分、昔ながらの商店街「天神通り」があります。

調布はアニメ「ゲゲゲ鬼太郎」の作者、故水木しげるさん(1922生~2015年没)が約40年、生活をした場所です。

「ゲゲゲの鬼太郎」は現代版として今も続いており、水木プロダクションが天神通りの近く(旧甲州街道沿い)にあります。

水木しげるさんは、自宅(調布駅から徒歩15~20分の場所)から旧甲州街道沿いにある水木プロダクションの仕事場まで歩いて通って歩いていたと伝えられています。

この付近は調布駅北口の交差点にある「真光書店」をはじめ、水木しげるアニメのシーンにも描かれ、よく登場するエリアです。

調布 ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる

天神通りの入口近くにある、調布北第一自転車駐輪場には、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のデコレーション。

その下の郵便ポストは「妖怪ポスト」と呼ばれているそうです。

調布 ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる

調布 天神通り ゲゲゲの鬼太郎

調布駅北口を出て徒歩1~2分。「天神通り」の入口。調布駅を背にして旧甲州街道を渡った場所です。

調布 天神通り

天神通りで人気のある、今川焼の「あずきや安堂」。

夏場は大きな「かき氷」目当てに、日中はいつもお客さんが並んでいます。

天神どおりは「グルメ通り」です。昔ながらの雰囲気を残すお店が残り、訪問の際には是非立ち寄りましょう。

調布 天神通り ゲゲゲの鬼太郎

天神通りには「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターのオブジェが所々にあります。

(以下はいずれも天神どおりの妖怪オブジェ)

調布 天神通り ゲゲゲの鬼太郎

調布 天神通り ゲゲゲの鬼太郎

調布 天神通り ゲゲゲの鬼太郎

スポンサーリンク

② 有名観光地「深大寺」の鬼太郎茶屋

調布駅からバスで約10分、徒歩で30分の場所に深大寺(じんだいじ)があります。

武蔵野の自然の中、江戸時代からの古い雰囲気が残る寺、名物の深大寺そばで知られ、素晴らしい雰囲気を味わえます。

この深大寺の境内にゲゲゲのスポットが「鬼太郎茶屋」。

妖怪ショップ、妖怪喫茶、妖怪ギャラリーがあり、ゲゲゲの鬼太郎関連の書籍や小物などの展示や販売品が所狭しと並んでいます。

ゲゲゲの鬼太郎ファンは必見の場所。

店内には茶屋(カフェ)もあり、鬼太郎の世界にひたりながら、くつろげます。(比較的平日がすいています)

営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日(祝祭日の場合は翌日に振替)※2018年7月現在
鬼太郎茶屋公式サイト

深大寺 鬼太郎茶屋 ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる

深大寺の参道入口にある鬼太郎茶屋。ありとあらゆる鬼太郎グッズが販売されています。

深大寺 鬼太郎茶屋 ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる

深大寺 鬼太郎茶屋

記念撮影も楽しみましょう!!

深大寺 鬼太郎茶屋 妖怪人形焼

鬼太郎茶屋には、このようなレア感のある土産も売られています。

スポンサーリンク

③ 鬼太郎公園(石原小前公園)

調布 鬼太郎公園

画像出典:調布経済新聞

水木しげる先生が住んでおられたご自宅の近く(お墓の近く)に鬼太郎公園があります。

この公園については、以下のサイトに詳しく紹介されています。

調布観光ナビ https://csa.gr.jp/film/292

調布経済新聞 https://chofu.keizai.biz/headline/414/

スポンサーリンク

④ 水木しげるさんのお墓参り(覚證寺)

2015年にお亡くなりになられた水木しげる先生は、現在、調布駅から徒歩で約12-13分の場所にある覚證寺(かくしょうじ)にお眠りになられています。

聖地巡礼(お墓参り)は、マナーを守ってそっと訪れましょう。(来訪者のマナーが悪いと、周辺住民や寺からの苦情につながり、出入り禁止になりかねません)

覚證寺(かくしょうじ)調布

以下、関連情報を紹介します。

墓は調布市富士見町の覚證寺にある。

墓地に入ると、すぐに水木さんの墓は見つかった。なにしろ、かわいい鬼太郎とねずみ男が神社のこま犬のように置かれ、墓を守っているからだ。五輪塔型の墓石には「南無阿弥陀仏」と彫られている。

建立は昭和62年秋彼岸とあるので、まだ60代に建てられた生前墓だ。外柵の左右と裏には、水木さんの原画で、子泣きじじいや砂かけばばあ、ねこ娘などおなじみのメンバーなどさまざまな妖怪が精巧に浮き彫りされている。

引用元:産経ニュース

そして当寺には日本漫画界の大御所であった故・水木しげる先生のお墓があり、全国からファンの方がお参りに来られます。

ご自身のデザインによる、たくさんの妖怪たちが刻まれたレリーフに囲まれたお墓にはいつでもお参りできます。

本堂新築の記念に先生が描いて寄贈してくださった「二河白道図」は当寺にしかない一点ものです。こちらはいつでも見られるわけではありませんが、法事や行事に参加された際にはどうぞゆっくりとご覧くださいませ。

引用元:覚證寺(かくしょうじ)サイトより

スポンサーリンク

⑤ 鬼太郎ひろば

鬼太郎ひろば(調布)

2019年5月に京王線調布駅中央口から徒歩10分くらい場所。

京王線調布駅と西調布駅のちょうど中間地点に「鬼太郎ひろば」がオープンしました。

ぬりかべクライミング、一反木綿ベンチ、鬼太郎の家など、ゲゲゲの鬼太郎に登場するキャラクターのオブジェや遊具を楽しめる公園。

鬼太郎ひろば(調布)

子ども向けの公園ですが、鬼太郎スポットの一つです。

もとは調布駅周辺の京王線が地下化する前、電車が走っていた線路の跡地に作っており、公園の端からは地下から地上に出てくる電車を見学できるスポット。

そのため、電車が好きなお子さんにも好評でしょう。

鬼太郎ひろば(調布)

この公園については、以下のサイトに詳しく紹介されています。

調布子育て応援サイト「コサイト

多摩市地域密着情報メディア「多摩ポン

スポンサーリンク

⑥ ゲゲゲギャラリー

ゲゲゲギャラリー 調布 鬼太郎

調布駅の南口から徒歩2~3分。

調布市文化会館たづくりの1階に「ゲゲゲギャラリー」があります。

「調布市名誉市民水木先生といつでもふれあえる場所」という触れ込みで、ショーウィンドーの中に、水木しげるさんの手形や作品の一部が展示されてます。

ゲゲゲギャラリー 調布 鬼太郎 水木しげる 手形

ゲゲゲギャラリー 調布 鬼太郎 水木しげる サイン

大規模な展示ではありませんが、定期的に展示内容を変えているところはさすが。

水木しげるさんの地元ならではの内容の展示です。

ゲゲゲギャラリーの情報はこちら(調布市文化・コミュニティ振興財団のページ)より

情報収集と周遊ルート

情報収集

調布市は市ぐるみで観光プロモーションを行っており、ゲゲゲの鬼太郎関連の情報も調布市のサイトが充実しています。

以下は「これぞ使える」という情報です。

「ゲゲゲの鬼太郎」聖地巡礼マップの入手はこちら

調布市による“ゲゲゲ情報”はこちら

訪問の際には必携「調布観光マップ」の入手はこちら

もし実際にこれらの場所を訪れてみるなら

もし上記で紹介した箇所を訪問するなら、下記のようなルートで6~7kmです。

季節にもよりますが、すべてを徒歩ですとキツイかもしれません。

小さな子ども向けの「鬼太郎ひろば」や「鬼太郎公園」は訪問から削ってしまう方法もあります。

調布駅~深大寺(鬼太郎茶屋)間には小田急バス京王バスが運行しています。

また、調布駅近くにはレンタルサイクルもあるので、それらを上手く利用されることをお勧めします。

スポンサーリンク