調布飛行場 小型飛行機を見学する絶好のスポット

調布飛行場(調布空港)といえば、味の素スタジアム(Jリーグ・FC東京の本拠地)の真横にある空港。古くは歌手ユーミン(松任谷由美)の「中央フリーウェイ」という曲の歌詞の一部で出てくる空港として知られます。

調布飛行場のある武蔵野の森公園は、休日の憩いの場として、飛行機ウォッチングのスポットとして、地元でも老若男女に人気があります。写真メインでご紹介します。是非一度、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

調布飛行場とは?

調布飛行場は、東京都内から大島や新島など伊豆諸島への小型プロペラ機の定期便のみが発着する小さな民間空港です。運航便数は曜日や日によって異なりますが、さほど多くありません。

もとは第二次世界大戦中に陸軍が首都防衛のために建設した空港で、日本製の「飛燕」などの戦闘機が空襲にやって来たアメリカのB29の迎撃に活躍した場所としても知られます。今でも調布空港周辺には、そうした戦時中の歴史の名残りが見られます。

場所(プロペラカフェ~旅客ターミナル~掩体壕)

サッカーや有名アイドルグループのライブなどでも知られる味の素スタジアムの隣です。味の素スタジアムでは、2020年の東京オリンピックでは、サッカー、ラクビー、水泳などの競技が予定されています。

ターミナル前の通りは街路樹の美しい並木道になっていて、その約1kmの道路沿いにプロペラカフェ、旅客ターミナル、掩体壕があります。

旅客ターミナル周辺

ターミナル前の並木道。約80年前(1941年開港)に昔の調布飛行場が作られたときの正門入口の門柱が両側に残ります。昔はこの辺り全体が飛行場でしたが、現在、その半分くらいは公園やスポーツグランドとして利用されています。

▼歴史にご関心のあるかたはこちら(画像をクリックすると拡大します)。門柱の説明板には“悲しき戦争を記憶にとどめる生き証人として残し、平和への道標となることを願う”と書かれています。

調布飛行場ターミナル

旅客ターミナル内に商業施設のない小さな空港です。

運航便数は、さほど多くはなく、大島、新島、神津島、三宅島それぞれに1日2~8便くらいずつの離発着。発着本数は日や曜日によって異なるので、飛行機見学目的の場合は、あらかじめタイムテーブルをチェックしておくとよいと思います。

タイムテーブル:外部リンク(新中央航空株式)

是非立ち寄りたい「プロペラカフェ」

飛行機見学のついでに是非立ち寄りたいのが、「プロペラカフェ」です。旅客ターミナルから徒歩6~7分のところにあります。喫茶や食事をしながら、飛行場に発着する飛行機を眺めることができます。

プロペラカフェは、もともと空港で勤務する日本エアロテックの社員食堂として利用されていますが、一般の人でも利用できます。

2018年8月からは、セキュリティの関係で、プロペラへ行く入口の検問所で、名前と連絡先の記入が必要になりました。ただ、「プロペラカフェへ行く」といえば、自転車でも車でも入ることができます。

▲プロペラカフェの外観。右側が駐車場。混んでいると敷地外の有料パーキング利用となることもあるそう。

<プロペラカフェ 営業時間>
3月~11月 10時00分~18時30分(17時45分オーダーストップ)
12月~2月 10時00分~17時30分(16時45分オーダーストップ)
年中無休:電話番号 0422-39-2525
住所 〒182-0032 東京都調布市西町290-3

▼プロペラカフェ横の駐車場から飛行場を見る。駐機している小型機が間近に見えます。

さて。

早速、カフェの中に入ってみましょう!

店内は白を基調としたインテリアのさわやかな店内の雰囲気。写真はピークタイムをすぎていますが、ピークタイムにはお子様連れも多く来店されていました。

▲▼窓側に座ると、このアングルで飛行機を見ることができます。奥に見えるのが味の素スタジアム。

ミントラテを注文。カフェラテにミント風味のシロップが入った飲みもの。さわやかな味。

▲店内のフライトシュミレーター(5分500円、15分1500円)。フライトシュミレーターは、特定の曜日、特定日のみ、体験可能です。

主に日曜日、水曜日、木曜日の10~15時まで。毎週ではありませんが、火曜日にやっていることもあるそうです。その月によって異なるため、こちらも詳細については、お店(TEL 0422-39-2525)に確認要です。

▲店内では飛行機の模型も販売されています。

▲▼店内からは、格納庫の中の実物の小型飛行機を見ることができます。

調布飛行場の史跡(掩体壕・えんたいごう)

調布飛行場は特攻隊(特別攻撃隊)の訓練施設でもありました。九州の知覧基地への中継地にもなったと書かれています。住民によって保存された掩体壕(戦時中に敵の攻撃から飛行機を守るための格納庫)が2つ残ります。

飛行機を見るおすすめのスポット

「武蔵野の森公園」は、調布飛行場を北と南から挟み込む形で出来ています。公園内から飛行機の離発着を間近に見ることができます。下記の写真の水色文字のA(北側)、B(プロムナード)、C(南側)のそれぞれの飛行機がよく見えるおすすめスポットです。

A:北側の展望スポット(武蔵野の森公園内)

一番見晴らしのよい場所はここです。武蔵野の森公園の一番北側です。奥に味の素スタジアム、2017年秋にオープンしたばかりの武蔵野の森総合スポーツプラザが見え、開けています。天気がよいとこの写真の右側に富士山が見えることもあります。

B:プロムナードからの眺め(武蔵野の森公園内)

ターミナルやプロペラカフェからみて、滑走路をはさんだ反対側は武蔵野の森公園内のプロムナードになっています。

地元民の散歩やジョギングルートとしても人気の約1kmのプロムナードは、午前9時~午後16時30分までの間、自由に出入りできます。(上記以外の時間帯は門が閉まり立ち入れません)

このプロムナード沿いには野球場やサッカー場がありますが、少年公式野球の名門「調布リトルリーグ」の練習場もあります。プロ野球・日本ハムファイターズの清宮幸太郎さん(とその弟、福太郎さん)も、中学時代、調布のリトルシニアに所属し、ここで練習し、中学生の当時から逸材だったそうです。

以下の飛行機写真はいずれもプロムナードから撮影したものです。

▲調布飛行場のターミナル

▲▼約1kmのプロムナードの南側入口。プロムナードのオープン時間は09:00~16:30。このプロムナード向かって左側が味の素スタジアムです。

C:南側の展望スポット(武蔵野の森公園内)

味の素スタジアムが見える場所の近く、滑走路の一番南側からも飛行機の離発着を近くで見ることができます。離発着する飛行機が頭上を飛んでゆきます。

 

▲上の写真の左側のベンチあたりから、一番よく飛行機が見えます。

▲ベンチから撮影▼

▼ベンチの真上を飛行機が飛んでゆきます。

▼▼あわせて読みたい▼▼
~飛行機好きは必見!~
航空科学博物館 ~飛行機好きが一度は訪れたい成田空港近くの穴場~
成田空港と周辺で飛行機が見える場所 おすすめ5選

調布飛行場(旅客ターミナル)へのアクセス

京王線 調布駅北口 から 小田急バス で15分前後
JR中央線 三鷹駅南口 から 小田急バス(本数が少ないため注意)
JR中央線 武蔵境駅南口・京王線 調布駅北口 からいずれもタクシーで 15分前後( 約2,000円 )
中央高速自動車道 調布IC 府中方面出口より車で 約5分

レンタサイクルのおすすめ(調布駅から自転車で約10分)

調布飛行場へは、京王線「調布駅」から路線バスも出ていますが、調布空港の周りを1周するだけでも3kmほど。歩く場合は、結構、距離があります。

また、武蔵野の森公園内に車両が入れないため、車の場合は空港や公園の駐車場に止めて、歩いての訪問になります。

上に紹介した見学スポットすべてを回る場合、一番便利な方法は自転車利用です。

調布駅前にレンタサイクルを行っている自転車屋さんがあるので、ご紹介します。お店は調布駅の改札を出て徒歩2〜3分です。在庫台数の関係上、事前予約してゆくのが確実です。

コギー トリエ京王調布店
TEL:042-444-0377

レンタルできるのは、下の写真のようなクロスバイクやミニベロタイプの自転車。電動ではありませんが、この地域はアップダウンの少ない平坦な地形です。

こちらで自転車をレンタルする場合、自転車カゴがないので、リュックは用意しておきたいところです。