マリーナベイサンズ おすすめの部屋タイプは?

シンガポールのマリーナベイサンズ。子連れ旅行、家族旅行にもお勧めできますが、どのタイプ部屋(カテゴリー)を選ぶか迷いませんか?料金との兼ね合わせも重要ですね。今回、家族旅行で4人1部屋のプレミアルームに宿泊しました。

部屋の紹介以外に、マリーナベイサンズのサービスについても書いています。シンガポール旅行の参考になれば幸いです。

噂に聞いていたとおり、「ビルの上の大きな船が乗っかっていた」が第一印象。

部屋選び(カテゴリータイプ)

今回、5つあるカテゴリー(デラックス、プレミア、クラブ、グランド・クラブ、スイート)のうち、「プレミアツイン(約47㎡)」1室を4名利用で「バルコニー付き下層階」(予約当時は「ビュー指定なし」プランに該当)を選びました。

予算に糸目のない場合は別ですが、子連れ家族旅行では何かとお金がかかります。予約前にそのように決めた理由、各部屋の特徴(メリット、デメリット)をお書きしたいと思います。

デラックスルーム(39㎡)

いわゆるスタンダードルーム。高級ホテルでは一番下のカテゴリーを「デラックス」と名付けているケースが多いですよね。39㎡なので1部屋としては狭くなく、むしろ広いほうです。(一般的な高級ホテルの一番下のカテゴリーの広さは25~32㎡くらい)

ただ、小学生2人を連れた4人だと狭い感がありますし、隣り合う2部屋が内部ドアでつながる「コネクティング」ルームもあるかもしれませんが、小さな家族なので、2部屋(倍の宿泊料)を使うのは予算的にも疑問でした。

また、バスタブなしのシャワーのみの部屋なので「4連泊はきつい」ということで、もう少し広めのプレミア・ルーム1部屋にしよう、ということになりました。

デラックスルームの写真と仕様(公式サイトより)

プレミアルーム(47㎡)

今回利用したカテゴリーです。エキストラベッド1台を加えた計3台のベッドでしたが、広さとしては子連れ4人家族でも十分快適でした。ちなみにガーデンビュー(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの方向)でした。

プレミアルームには以下の5種類のビュー(眺望)があります。

●下層階(2階から)
バルコニー付き下層階(2階から9階)、または、床から天井までの窓付き下層階(2階から18階)
※以前は「ビュー指定なし」というカテゴリーでした。
●ガーデンビュー(10階から39階、ガーデン側)
●シティビュー(19階から39階、市街側)
●スカイビュー(40階以上、市街側)
●ハーバービュー(40階以上、海側)

特にハーバービューは、シンガポールの市街地(マーライオンなどの方向)の方向、マリーナ湾のビューで魅力的でした。しかし今回は「ビュー指定なし(現在は「下層階」というカテゴリー)」の場合との4泊分差額を考えると景色より予算の安さを選びました。

今回、下層階(2階から9階の中で今回は6階)ではありましたが、バルコニー付きでしたので、全体的に広々していたのが、ファミリーにとってはとても良かったです。コスパも十分でした。(この記事の下にバルコニー付きの写真を載せています)。なお、この部屋1室を使える最大人数は「大人2名+12才以下の子供2名(計4名)」または「大人3名」までとなります。

なお、一般的な話として、ホテルの部屋を「部屋タイプ指定なし(Run of the House)」「ビュー指定なし」などで予約した場合、空室があれば、追加料金なしで「ビューの良い部屋」をあてがってくれることもあります。しかし、マリーナベイサンズの場合、比較的混んでいるなどの理由から、それはあまり期待できないかもしれません。

もしも夫婦ふたりだったり、デートや新婚旅行だったら、ちょっと無理(背伸び)をしてでも、ハーバーやスカイ指定の予約をしていたかもしれませんね。。ビューの良さが宿泊の思い出に色をそえてくれるはずですので。

プレミアルームの写真と仕様(公式サイトより)

ファミリールーム(86㎡)

ご家族でしたら、こちらが本命かと思います。キングサイズベッド1台、シングルサイズベッド2台 なので、ベッドの数も、ほかのタイプの部屋にエキストラを入れたのと同じくらいです。ただ、今回空きがなかったのと、予算的にも選択肢から外しました。

おそらく部屋数も少ないので、早期予約が必要と思われます。(外国人の家族連れはとても多いです)

ファミリールームの画像と仕様(公式サイトより)

クラブルーム(61㎡)、グランド・クラブルーム(79㎡)ほか

VIP以外にも、カップル旅行(特に新婚旅行)におすすめのカテゴリーです。

高層階のビューや部屋の広さ、設備が魅力的なのはもちろんですが、最大の特典は55階のラグジュアリーな「Club55ラウンジ」を利用できることかと思います。

Club55では、素晴らしいビューの広がる部屋で、無料の朝食、無料のアフタヌーンティーを味わうことができます。このカテゴリー以上の宿泊客でなければ、エリアに立ち入れないので、他のレストランのような喧噪感がありません。そこにいる人たちも、その部屋料を払えるクラスの人たちなので、落ち着いた時間を過ごせることでしょう。

ただ、家族4人の場合、料金以外の問題点がありました。

クラブルームの場合、ベッドタイプは基本的にベッドマットが離れていないタイプのベッド(キングサイズ)が1つ。背の大きい家族4人で宿泊するとなると、エキストラベッド1つでは足らない点です。

部屋のサイズが大きいので、エキストラベッド2つ入れることはできるはずです。

しかしその場合、リビングスペース(ソファーのある広めのスペース)をつぶさなければいけなくなってしまいます。せっかくの広々とした居住性が損なわれてしまいます。

クラブルームの画像と仕様 / グランド・クラブルームの画像と仕様

その他にも各種のスイートルームがあります。

プレミアルーム 部屋の様子

 

▲無事、エキストラベッド(手前)が入って、快適な睡眠をとれた翌朝。

▲今回宿泊したTower1。ハーバービューとは反対側の6階。写真左の角部屋。

▲プレミアルーム(バルコニー付き低層階)の部屋(6階)からの眺望。左の写真はバルコニーから望む「Gardens by the bay」。今回、角部屋だったので、バルコニーの横側の景色も撮影。下層階ではありましたが、バルコニー付きで開放感も十分。47㎡あると、4人1部屋でも狭くかんじることはありませんでした。

なお、ウェブサイトでの予約では「下層階」指定の場合、バルコニー付き(2~9階)とバルコニー無し(2~18階/開放感のある大きな窓付き)の場合とがあるようです。予約時点でどちらか一方を確約できないかもしれませんが、リクエスト(希望を言うこと)だけはできる可能性もあるので、フリーダイヤル(日本語専用TEL: 0800-2220602/2018年8月現在)で、聞いてみるのもよいかもしれません。

▲クローゼットのスペースも十分あり、快適な滞在。デスクには毎日無料のミネラルウォーターが支給。

▲バスまわり。おしゃれ感はありながら、デザイン性に偏重しすぎず、使いやすかったです。

 

▲シャワーはバスタブ備え付けもの以外に、上部に取り付けられたもの。

 

▲1日2回(午前、夕刻)にハウスクリーニング(ベッドメイキング)が入ってくれました。

過去に宿泊したホテルの中で、メイドさんのベッドメイキングのやり方が記憶に残っているケースはとても少ないです。しかし、マリーナベイサンズでは、メイドさんのベッドメイキングのやり方に、その人の個性と心遣いが感じられ、強く印象に残ったばかりか、旅の思い出の一つになりました。ベッドメイキングが旅行の思い出になるって、なかなかです。

ネタばらしのようになってしまうので、あまり詳細はかけませんが、写真のようなタオルアートがあり、楽しませてくれました。子どもが気に入って日本に持ち帰って、今でも形を崩さずに飾ってあります。(原則、ホテルの備品を持ち帰るのはNGですが)

<追記(帰国3か月後の感想)>

もの心ついた小学生の生まれて初めての海外にシンガポール、そしてマリーナベイサンズを選んだことは、大成功だった、とてもよかったという思いを強くしています。シンガポールという国際都市、多彩なカルチャーを肌で感じられたこと。そして、マリーナベイサンズのインパクト。思い出話に花が咲きます。

部屋の予約方法

今回、マリーナベイサンズホテルの公式サイトから直接予約を入れました。

マリーナベイサンズの公式サイトでは、他のホテル予約専用サイトなどよりも安かったですし、さらにホテル内レストランの割引券などがついた宿泊プランもありがたかったです。昨今、ホテルのウェブサイトから直接予約する際に「ベストレート保証」しているケースが増えているようですので、比較してみるとよいと思います。

jp.marinabaysands.com

予約後、いろいろとわからないことや聞きたいことが出てきましたが、日本語専用フリーダイヤル (0800-2220602/2018年8月現在)があり、結構丁寧に答えてくださいましたよ。 部屋の仕様とか、わからないことがあれば、遠慮なく聞いてみてくださいね。

ホテルのチェックインとその後

マリーナ・ベイサンズは約2500部屋もある超メガホテル。「高級ホテルではあっても、対応は良くないだろう」と覚悟し、期待もしていませんでした。大きすぎるホテルは、全体的に対応がゆきどかない傾向があるからです。

しかし今回、とても楽しく滞在できた要因の一つは、マリーナ・ベイサンズがこれだけの大規模ホテルにも関わらず、オペレーション全体がEXCELLENT!!だったことにあると思います。おそらく、2011年の開業当初は、いろいろ苦情もあったはず(実際、オープン当初に宿泊した知人からは、そう聞いている)ですが、今回の滞在では、よく行き届いていると感じられました。

その例の一つが、日本出発の2日ほど前に、ホテルからメールが届き、希望者はプレチェックインしておけるシステムです。チェックインの際、なるべく待たせないためのもので、パスポートデータや生年月日、ホテル到着予定時刻など、チェックインに必要な情報を予めメールでホテルへ返信しておくものです。

コンシェルジュにレストラン予約や観光ツアーの予約をお願いしても、一つ一つ気の利いた対応をしてくれて、花丸をあげたくなるものでした。

f:id:travelmeister:20180403223654j:plain

▲タワー1のロビーにある日本語対応デスク

日本語対応デスクは今回の到着時間(深夜1時過ぎ)では閉まっていて、利用できませんでした。しかし日中から夕方にかけて、日本語対応しているデスクがあるのは、いざという時に心強い。

多用した部屋からのコンシェルジュサービス「Express Service」

今回、プレミアツインルームという少し広めの部屋(47㎡)で予約はしたものの、1つ1つのベッドのサイズまで大きいわけではありません。ツインベッドで小学生2名(身長165cmと135cm)を添い寝させるのは無理かもしれない(たぶん無理)との覚悟(笑)で1部屋4名で予約。部屋に入ってみると・・・案の定、4人でベッド2つは無理!!

部屋に入ったのが深夜2時近くなろうとしていた時間。さっそく部屋の電話から24時間、ボタン一押しでつながる「Express Service」へ連絡。その場でエキストラベッドをオーダーしました。

ちなみに、この各部屋からつながる「Express Service」という何でも屋さんのサービスが、マリーナベイサンズでの滞在の満足度を高めるのに大いに役だったように思えます。

f:id:travelmeister:20180403224810j:plain

****以下はExpress Serviceとのやりとり***

自分:「エキストラ・ベッド1台用意をお願いします!」

Express Service:「かしこまりました。念のため、確認の上、折り返し部屋に電話を入れます。」

(2~3分後)

Express Service:「エキストラ・ベッドのご用意が可能です。ちなみに料金は税込で1日あたり追加○SGD(日本円で約1万円)ですが、よろしいですか?」

自分:「はい、お願いします。ちなみに、エキストラ・ベッドを持ってくるまでに、時間はどれくらいかかりますか?ふつう30分くらいはかかりますよね?もし時間がかかるなら、(もう眠いから)明日にお願いしたいと思いまして・・・」

Express Service:「かしこまりました。30分以内には、お持ちできるようしたいと思います」

自分:(内心)たぶん1時間くらいかかるだろうな、外国のホテルではよくあることだし。

風呂に入って寝てしまおうと準備を始めたところ、15~20分ほどえ、エキストラ・ベッドが到着したのでした。ラッキー!

でもまあ、今、考えれば、最初からエキストラベッド頼んでおいてもよかったですね(汗)。

【あわせて読みたいマリーナベイサンズ情報】

到着までに気をつけたいこと 屋上プールを120%楽しむ方法 おすすめのレストラン 5選