ロンドンのケンジントン地区でおすすめのホテル10選

ミレニアム・グロースターホテル

ロンドンのケンジントン地区は、高級住宅街もあり、比較的、治安も良い場所とされ、市内中心部へのアクセスも良好です。

ホテル選びの際に気になるのは安全性、ロケーション(立地)、料金、快適性などでしょう。

個人旅行の場合は公共交通を多用するため、地下鉄や電車の駅、路線バスのバス停などへの近さも大切ですよね。

この記事では「数多いホテルの中でおすすめは?」「リーズナブルかつ快適に過ごせるお手頃なホテルは?」といった疑問をもつ人へ向けての情報です。

最後にホテル選びのコツなどもご紹介しています♪♪

ロンドンのホテル事情

ロンドンは物価全体が高く、ホテルの宿泊料金相場は、国際的に比較しても高めと言えます。

特に観光に便利な市内中心部、ピカデリーサーカスやソーホーでは、安くても1泊3万円以上することが普通です。

今回ご紹介するケンジントン地区は、高級住宅も多く、比較的に治安が良い場所とされています。

路線バスや地下鉄を利用して、15分以内くらいで市内中心部へ出ることもできます。

かつソーホー周辺などの中心部と比べて宿泊料が高額すぎないのも嬉しいです。

ロケーション、安全性、料金の3つをバランスよく兼ね揃えたホテルが多いのがケンジントン地区のホテルです。

ここでは、手頃な料金で泊まれる4つ星クラスのホテルを中心に、日本人が比較的利用しやすく、口コミでの評価も高いホテルを選びました。

スポンサーリンク

ケンジントン地区の特徴

ケンジントン宮殿©ColinSmith

イギリス王室が住むケンジントン宮殿©ColinSmith

ケンジントンは、ロンドン南西部、緑豊かなハイドパークの南側。

イギリス王室のウィリアム王子ご家族が住んでいるケンジントン宮殿があり、高級住宅も多い落ち着いた雰囲気のエリアです。

地下鉄や路線バスの利便性が高く、特に地下鉄「ピカデリー線」はたいへん便利で、中心部(ピカデリーサーカス、大英博物館など)へ乗り継ぎなしで行け、ヒースロー空港にも通じています。

特に地下鉄の「サウスケンジントン駅」「グロスターロード駅」「アールズコート駅」周辺の立地が便利でおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめホテル10選

ここでは、日本人にも比較的によく利用され、筆者が実際に宿泊、訪問したホテルも含め、安定した口コミ評価のあるホテルを10軒に絞ってご紹介。

クラスの高い順(5つ星クラス→4つ星クラス→3つ星クラス)で掲載しています。

宿泊料金はその時期のホテルの混み状況によって、高低が逆転することもあるので、気に入ったホテルがあれば、是非、比較チェックしてみてください♪

なお、口コミのスコアの高低は、おおむね宿泊料金に比例していることが多いですね。

地図上の赤丸の数字が各ホテルの位置です。クリックするとホテル名が表示されます。

ザ・ケンジントン(地図❶)5つ星クラス

英国の格式高い建築様式の外観、高級感の漂う内装が特徴のヨーロピアン・タイプのホテル。

滞在ホテルにこだわりがあり、快適性に加えて、雰囲気の良さも味わいたい人にはピッタリのホテルと言えます。

各部屋それぞれに異なる仕様で、それぞれの良さがあり、口コミ評価では、スタッフの対応も素晴らしいとの評判。

この記事で紹介している記事の中では一番高級なホテルです。

ザ ケンジントン ホテル(The Kensington Hotel)

△出典:Booking.com▽

ザ ケンジントン ホテル(The Kensington Hotel)

ザ ケンジントン ホテル(The Kensington Hotel)
ロケーション:地下鉄サウス・ケンジントン駅から約450m・徒歩約5分

HotelsCombinedで宿泊料金を一括比較(行き先欄にホテル名を入力)

ミレニアム グロスター・ロンドン(地図❷)4つ星クラス

イギリスに本社を置く「ミレニアム」というグループ系列のホテルで、ヨーロッパらしい落ち着いた雰囲気が特徴。

5つ星クラスに泊まるほどの予算はかけられないけれど、せっかくだから、ヨーロッパらしい雰囲気と快適さの両方を楽しみたいという場合にお勧めのホテル。

地下鉄「グロースター・ロード駅」から100mという抜群のロケーション。

近くにウェイトローズ(Waitrose)という大型スーパーがあるのも便利。(営業時間:月~金:22時頃まで、土:21時頃まで、日:12-18時頃まで/2019年3月現在)。

ミレニアム グロスター ホテル ロンドン(Millennium Gloucester Hotel London)

△出典:Booking.com▽

ミレニアム グロスター ホテル ロンドン(Millennium Gloucester Hotel London)

△出典:Booking.com▽

ミレニアム グロスター ホテル ロンドン(Millennium Gloucester Hotel London)

ミレニアム グロスター ホテル ロンドン(Millennium Gloucester Hotel London)
場所:グロスターロード駅から徒歩約3分

HotelsCombinedで宿泊料金を一括比較(行き先欄にホテル名を入力)

ホリデイイン・ケンジントン・フォーラム(地図❸)4つ星クラス

同じホリデイイン系列のホテルですが、こちらの方が宿泊料金が若干安め。日本の大手旅行会社も使用していることも多いようです。

移動に便利な地下鉄「グロースター・ロード駅」までは徒歩で約3分。

近くにウェイトローズ(Waitrose)という大型スーパーがあるのも便利です。(営業時間:月~金:22時頃まで、土:21時頃まで、日:12-18時頃まで/2019年3月現在)。

ホリデイ イン ロンドン ケンジントン フォーラム(Holiday Inn London Kensington Forum)

△出典:Booking.com▽

ホリデイ イン ロンドン ケンジントン フォーラム(Holiday Inn London Kensington Forum)

ホリデイ イン ロンドン ケンジントン フォーラム(Holiday Inn London Kensington Forum)
場所:地下鉄ピカデリー線「アールズ・コート(Earls Court)」駅から徒歩で約5分

HotelsCombinedで宿泊料金を一括比較(行き先欄にホテル名を入力)

ザ ロックウェル(地図❹)4つ星クラス

個人旅行向けの洗練されたブティックホテル。

イギリスらしい外観の建物、落ち着きと温かみを感じるような、かつ可愛らしい内装などが魅力。

Booking.comではロンドン市内ホテルの中でベストセラーホテルの一つだの記載が。

ザ ロックウェル(The Rockwell)

△出典:Booking.com▽

ザ ロックウェル(The Rockwell)

△出典:Booking.com▽

ザ ロックウェル(The Rockwell)

ザ ロックウェル(The Rockwell)
場所:地下鉄アールズ・コート駅まで徒歩5分

HotelsCombinedで宿泊料金を一括比較(行き先欄にホテル名を入力)

パーク グランド ロンドン ケンジントン(地図❺)

外観も内装もモダンな雰囲気ながら、機能的、清潔性や快適性の面で口コミ評価の高いホテル。

スタッフの対応も口コミ評価が高く、近くにスーパー(コンビニ)やカフェ、レストランがあるため、3泊以上の長期滞在の場合にも好評。

こちらも地下鉄アールズ・コート駅からわずか150mという抜群のロケーション。

パーク グランド ロンドン ケンジントン(Park Grand London Kensington)

△出典:Booking.com▽

パーク グランド ロンドン ケンジントン(Park Grand London Kensington)

△出典:Booking.com▽

パーク グランド ロンドン ケンジントン(Park Grand London Kensington)

パーク グランド ロンドン ケンジントン(Park Grand London Kensington)
場所:地下鉄アールズ・コート駅から約150m

HotelsCombinedで宿泊料金を一括比較(行き先欄にホテル名を入力)

ホリデイイン・ロンドン・ケンジントン・ハイ ストリート(地図❻)4つ星クラス

ホリデイインというグループ系のホテルで、サービスや部屋に当たり外れが少なく、設備も機能的。

ケンジントン地区のホテルとしては比較的リーズナブルな料金のため、日本人にもよく利用されているそうです。

このホテルはケンジントン・ハイストリート沿いという好立地が特徴で、近くにあるもう一つのホリデイイン・ケンジントン・フォーラムよりも、若干値段が上です。

ホリデイ イン ロンドン ケンジントン ハイ ストリート(Holiday Inn London Kensington High Street)

△出典:Booking.com▽

ホリデイ イン ロンドン ケンジントン ハイ ストリート(Holiday Inn London Kensington High Street)

ホリデイ イン ロンドン ケンジントン ハイ ストリート(Holiday Inn London Kensington High St.)
場所:ケンジントン・ハイ・ストリート駅から:徒歩約2分

HotelsCombinedで宿泊料金を一括比較(行き先欄にホテル名を入力)

コプソーン・タラ(地図❼)4つ星クラス

コプソーンというイギリスに本社を置くグループ系ホテル。

当たり外れの少ない部屋やサービス、4つ星クラスらしい設備や快適さなど、日本人の求めるクオリティにも合致しているため、日本の旅行会社がツアーなどでよく利用しているようです。

ケンジントン・ハイストリートまで徒歩ですぐの場所にあります。

コプソーン タラ ホテル ロンドン ケンジントン(Copthorne Tara Hotel London Kensington)

△出典:Booking.com▽

コプソーン タラ ホテル ロンドン ケンジントン(Copthorne Tara Hotel London Kensington)

コプソーン・タラ/Copthorne Tara Hotel London Kensington
場所:ケンジントン・ハイ・ストリート駅から:徒歩約3分/地図①

HotelsCombinedで宿泊料金を一括比較(行き先欄にホテル名を入力)

メルキュール ・ロンドン・ケンジントン(地図❽)4つ星クラス

アコーホテルズ(AccorHotels)というフランスに本拠を置く、ヨーロッパ最大級のグループホテルの代表格が「メルキュール」。最近では日本にも進出しています。

施設やサービスにばらつきがなく、必ず一定水準以上の宿泊体験が得られる安心感があります。

筆者も何度か宿泊していますが、各地でホテル選びに困ったときは、とりあえず「メルキュールにしておけば、外さない」という印象です。

メルキュール ロンドン ケンジントン(Mercure London Kensington Hotel)

△出典:Booking.com▽

メルキュール ロンドン ケンジントン(Mercure London Kensington Hotel)

メルキュール ロンドン ケンジントン(Mercure London Kensington Hotel)
4つ星クラス / 地図⑩
場所:駅から徒歩分/地図

HotelsCombinedで宿泊料金を一括比較(行き先欄にホテル名を入力)

イビス・ロンドン・アールズコート(地図❾)3つ星クラス

IBIS(イビス:アイビスと表記されることも)はヨーロッパでは有名なホテルチェーンで、ヨーロッパ全体の各所でIBISのホテルを目にします。

このホテルのコンセプトは「お手頃な値段で快適な滞在を」。

ロケーションはケンジントンの少し外れのほうですが、とにかく安く、安心に宿泊したい場合におすすめ。

設備や雰囲気の豪華さはなくとも、必要最低限の設備で、安心して快適に過ごしたいときに良いですね。

※バスタブ=浴槽のないシャワーのみの部屋の場合が多いですが、部屋はきれいです。

イビス ロンドン アールズコート(ibis London Earls Court)

△出典:Booking.com▽

イビス ロンドン アールズコート(ibis London Earls Court)

イビス・ロンドン・アールズコート(ibis London Earls Court)
場所:ウェストケンジントン駅から:徒歩約8分、アールズコート駅から:徒歩約10分/地図

HotelsCombinedで宿泊料金を一括比較(行き先欄にホテル名を入力)

ベイト・ホール(予算重視・夏季限定)(地図❿)3(2)つ星クラス

ベイトホール インペリアル・カレッジ・オブ・ロンドン ブライアン・メイ

「インペリアル・カレッジ・オブ・ロンドン」という名門大学の学生会館内の宿泊施設。

もとは大学に通う学生向けの夏季限定の宿泊施設(6月下旬~9月下旬までオープン)です。

設備は質素ですが、有名な音楽の殿堂、ロイヤル・アルバートホールの隣で、ロンドン市内中心部へのアクセスも良いロケーションです。

宿泊料金はケンジントン地区の一般的なホテルの半分くらい。

「ロンドン市内のロケーションの良いホテルに安く宿泊したい」という場合に選択肢に入るかと思います。

イギリスのロックバンド「クイーン(QUEEN)」の聖地のひとつ。

周辺にあるV&A博物館、自然史博物館、科学博物館へ訪問する場合、イギリスのロックバンド「QUEEN」に関心のある方には、検討の選択肢なると思います。

QUEENの関わりについては、こちらの記事内の「クイーンの原点、インペリアル・カレッジ周辺」をご覧ください。

ベイトホール・ホテル インペリアル・カレッジ・オブ・ロンドン

ベイトホール・ホテル インペリアル・カレッジ・オブ・ロンドン

バスルームは共同の場合と個室に備えついているものがあるので、予約時に気をつけたいところ。

また、浴室はシャワーのみ(バスタブ無し)で、室内はエアコンがなく、扇風機となります。

イギリスはもとが涼しいため、エアコンがない住宅も多いですが、猛暑の年は少し厳しい(寝苦しい)かもしれません。

ベイトホール・ホテル インペリアル・カレッジ・オブ・ロンドン

朝食は建物前の通りを挟んだ反対側、インペリアルカレッジ・オブ・ロンドンのキャンパス内の学生食堂です。

結構、立派な朝食です。面白い経験です。

このベイト・ホールの敷地内にあるコンサート・ホールの入口には、英国のロック・バンド「クイーン(QUEEN)」がロンドン市内で初めてコンサートを行った場所として認定され、入口にその認定プレートが掲げられています。

ベイト ホール(Beit Hall)
場所:地下鉄サウス・ケンジントン駅とグロスター・ロード駅より

HotelsCombinedで宿泊料金を一括比較(行き先欄にホテル名を入力)

スポンサーリンク

ホテル選びのポイント

星数(ホテルのクラス)について

きれいで整った設備になれている一般的な日本人の感覚として、設備面での不満が少なく、全体的に安心感があるのは4つ星クラス以上と言えるでしょう。

3つ星クラスは、設備の豪華さや雰囲気の良さは望まないので、とにかくお手頃な料金で、最低限、快適に安全に過ごしたい、という方に向いているクラス。

3つ星クラスは日本で言う「ビジネスホテル」のようなシンプルかつ必要最低限の設備を備えているホテルと言えるでしょう。

なお、海外ではバスタブ(浴槽)のないシャワーのみのバスルーム(浴室)も多くあります。

特にヨーロピアン・タイプのホテルでは4つ星や5つ星クラスでも、バスタブの付いていないことがあり、さらに3つ星クラスではシャワールームのみというホテルが多いようです。

ホテル予約サイトの口コミのスコアが参考になる

なお、一般的に言われているのは、各ホテル予約サイトで10段階の8.5以上の評価、あるいは、5段階の4.2以上の評価を得ているホテルは、コスト・パフォーマンスをふまえた上で、かなり好評なホテルと考えられます。

以下は、ホテルランク カテゴリーごとの料金相場です。

宿泊の時期や混み状況により大きく変動しますので、以下はあくまで一般的な目安としての掲載です。

星の数クラス料金目安(時期により変動)
2つ星エコノミー20,000円以下
3つ星スタンダード15,000~25,000円
4つ星スーペリア20,000~40,000円
5つ星デラックス40,000円以上

▼クイーンの聖地巡礼情報まとめ▼

スポンサーリンク