マリーナベイサンズ 屋上プールを楽しむ方法:子連れでも大丈夫?

シンガポールのマリーナベイサンズといえば、地上210mのサンズ・スカイパーク内のインフィニティプール。

朝、夕方、夜、それぞれの景色を楽しむことができ、最高の場所です。

3泊の滞在中に3回は入りました。

小さなお子様連れでも大丈夫ですが、年齢や浮き輪の有無などであらかじめ知っておいた方がよい情報もあります。

この記事では屋上のインフィニティプールを楽しむために、日本出発前、ホテル到着後に役立ちそうな情報をまとめました。

是非ご覧ください!

スポンサーリンク

インフィニティプールとは?

プールのふちに手すりなどの視界を遮るものがなく、目の前に広がる景色と繋がっているように見えるプールのこと。

この下に落ちそうで落ちないスリルが楽しいですが、実際にその場に立つと、全く恐怖感がわかない、安全構造です。

スポンサーリンク

プールへ入る前の準備(時間・行き方・着がえやタオル)

 

●営業時間は午前6時~午後11時まで。

●プール内には宿泊者のみ入ることができます。

●屋上プールへ入るには、ルームカード・キーが1人1つずつ必要(子供でも1枚必要)。

 ルームキーの持参を忘れずに。

 子供分はチェックインの時にもらえます。

●プールは57階の屋上にあります。

 プールの入口はホテルの両端(タワー1、タワー3)の57階に一つずつあり、中でつながっています。

●ルームカードキーの種類(宿泊している棟)により、22階や55階での乗り換えをする場合があります。

 57階に到着したら、自動改札機にルームキーをかざして入場します。

●プールサイドに更衣室、コインロッカーはありません。

 多くの人は自室で水着に着替えておき、部屋に備え付けの「バスローブ」を羽織って来ています。

 水着の上にTシャツなどを羽織ってくるのもOKでしょう。

●プールサイドでは、ルームカード・キーで飲食、買物ができます。

 貴重品はプールには持ってこないほうがよいでしょう。

●足元はクロックスなどのサンダルがあると便利です。

 部屋に備え付けのスリッパで来ている人たちもいましたが、プールサイドが濡れているので、スリッパも濡れます。

 もちろん普通の靴でも問題なしですが、着脱のしやすさや濡れてもよい点で、ゴムサンダルがベストですね。

●バスタオルはプールサイドの「タオル・コレクション(Towel Collection)」で無料で、何枚でも使用できます。

 部屋から持ってくる必要はありません。

●プールサイドのチェアでゆっくりするなら、宿泊部屋のバスローブがあると便利です。

 210mの高い場所にあるからなのか、曇り空の下では少し肌寒く、水も冷ために感じられましたので。

●トイレは下の階にあり、プールサイドから行くことができます。

 

手前のガラスの柵の手前は幼児用の浅いプールのエリア。あまり広くありません。

欧米人はプールサイドのビーチチェアでお酒を飲みながら、読書したり、ぼーっと過ごしている人たちが多いです。

何もせず、ゆっくりしているのは、欧米スタイルの典型的な楽しみ方ですね。

バスタオルを無料で貸してくれる「タオル・コレクション(Towel Collection)」。

プールサイドに2か所あり、何枚でも利用可能。トイレもこの裏手にあります。

スポンサーリンク

お子様づれのプール利用

プールの深さ(水深)は120cm程度。浮き輪やビート板は禁止です。

しかし、腕に巻き付けて使うアームリングや体に腕に巻きつけるスイムヘルパーなど、体に密着して巻きつけるタイプはOKとされているようです。

筆者は実際にビート版とヘルパーを使い、ビート版だけ、利用中止と言われました。

プールは中央部をはさんで子どもが「入れる方」と「入れない方」に分かれています。

おそらく大人だけで来ている宿泊客への配慮でそのようにしているのでしょう。

身長にもよりますが、小学生以上の年齢なら、大人用プールを利用できるのでないでしょうか。

大人用のプールとは別に、深さ約50cmくらいの幼児用の浅いプールがあります。

これは広くはない小さなプールです。こちらのキッズ用プールは浮き輪OKです。

▲体に密着したタイプのヘルパー(アームリング等)は使用できました。

スポンサーリンク

インフィニティ・プールを2倍楽しむ方法:記念撮影

インフィニティプールで是非したいことは「記念撮影」でしょう。

スマフォが濡れない注意が必要です。

▲プールエリアの売店。水着やサンダル、プール用の小物が販売されています。

▲プールに役立った防水性のスマフォケース(日本円で約1200円)。

このプールに来たら、ぜひ記念撮影を楽しみたいものです。

このスマフォケースは、タッチパネルになっていて、水中でも撮影できるすぐれもの。

上記のプールサイドの売店で買いました。

もし夏の時期、日本で購入が可能なら、日本で入手しておくほうがよいと思います。

というのも、初期不良などで、水漏れ等がないとは限りません。

また、旅行中に買った後、水漏れチェックをしている時間などは、あまりないと思いますので・・

説明書にも「傷や破れがないことをよくたしかめてください。

使用前に一度、ティッシュなどを中にいれて1~2時間テスト使用してから、使用するようにしてください」と記載があります。

スポンサーリンク

ガーデン側(裏側)も面白い!

▲プールサイドの挟んで反対側のエリアのジャグジー。温水ジャグジーもあり、天空の温泉気分。下にはシンガポールの観光名所の一つ「Gardens by the bay」が広がる。

▲プールの端はこういう構造になっていて、恐さは全く感じませんでした。

 

~あわせて読みたいマリーナベイサンズ情報~

スポンサーリンク