海外でUber(ウーバー)を使った体験談、予約方法や安全性:ロンドンの例

ウーバー uber タクシー

海外でタクシー代わりにUber(ウーバー)を使ってみました。

今回、ロンドンで利用しましたが、快適で安く移動でき、よかったです。海外旅行中の移動手段の選択肢が増えるのは嬉しいことです。

Uberをはじめて利用する人にも参考となるよう、体験談や注意点などをシェアします。

スポンサーリンク

ウーバー(Uber)とは?

Uber(ウーバー)は、2009年に誕生した「配車サービス」を提供するシステム(アプリ)。

アメリカのベンチャー企業、ウーバー・テクノロジーズが運営しています。

一般のドライバーが空き時間と自家用車を使って行うタクシーのようなサービス

「車での移動手段を求める人」と「車と運転を提供」しているマッチング・サービスとも言えます。

スマホにダウンロードしたアプリを利用し、携帯のGPSで利用者から一番近くにいるドライバーが検索され、即、車を手配してくれます。

現在、世界70カ国・地域の450都市以上で実用化されています。。

(参考)ウーバーが利用可能な都市の検索はこちら(公式サイトより)

Uberの利点

配車の予約から決済までスマホアプリで行なうことができ、一般的なタクシー料金よりも割安なのが主な利点です。

料金は地域によっても異なりますが、概ねタクシー料金7~8割くらいの印象です。

事前にスマフォ上で、見込みの料金幅が明示されるため、運転手との交渉が不要。

ボッタクリに合う可能性がないのも安心です。

さらに有難いのは日本語のサイトがあり、予約~乗車~清算まですべてを日本語対応されていることです。

(参考)サービスの利用方法や仕組み概要はこちら(公式サイトより)

アプリのインストール

利用にはアカウント登録が必要です。

一度アカウント登録をすれば、わずか数分、数十秒で見積料金がわかってしまいます。

見積の確認画面はこちら▽

https://www.uber.com/jp/ja/price-estimate

スマフォのアプリ

App Store ダウンロード / Google Play ダウンロード

実際に利用する場合は、支払い情報(クレジットカード情報)の登録も必要になります。

ただ、行き先を指定して、見積画面が表示された後、正式オーダーボタンを押すまで課金はされません。

海外で実際に使用する際には、予約時と移動中にもネットにつながっている必要があります。

WIFI環境が必要ということですね。

海外のレンタルWIFIルーターのレンタルはこちら・・・割引あり

Uberの種類

Uberは、国によって選択できる車種やその表記が異なりますが、一般的なのは「UberX」というタイプです。

今回、筆者もUberXを利用しましたが、これを選んでおけば、まず間違いはないかと思います。

以下の表の右側が表示されない場合は、スマフォ画面を横にすると見れるはずです

選択肢の例 特徴 料金
UberFLASH 種を問わない場合 安い
UberX 一般的なエコノミー車両 安い
UberBLACK(Exective) 高級車 少し高め
SUV(UberXL) 大きめの車両(乗車人数が多いときなど) 高め
UberPOP (Uber POOL) 乗合車両(他人との相乗り) Xより少し安い

利用区間の原則

Uberで予約できるのは、基本的に「A地点→B地点」の2地点間の移動です。

A地点→B地点で1回清算の清算が必要です。

A地点→B地点への移動途中で停車したい箇所がある場合、途中で停車地点を追加できますが、停車時間はドライバーへのエチケット上、「3分以内」を目安としているようです。

もしも、途中の立ち寄り地点で長く(3分以上)待たせたい場合、一度、A地点→B地点で区切って清算。

再度「B地点→C地点」という形で予約を行う必要があります。

このケースで再予約を行う際、ウーバーの管轄外の地域(B地点が都市部を離れた田舎など)だと、アプリで予約ができないこともあります。

その場合、「B地点→C地点」の料金をドライバーへ直談判する方法になります。その際、B地点での「待ち時間」の話も踏まえる必要がありますね。

つまり、このイレギュラーな方法を行う場合に限っては、英語や現地語でのコミュニケーション力が必要ということですね。

予約方法(スマフォ画面)

以下は「A地点→B地点」のシンプルな2地点移動の例です。

具体的に「ロンドンのヒースロー空港(ターミナル4の例)」から「ホテル(ホリデイイン)」までの設定です。

「行き先は?」のボタンを押し、出発地点と終了地点を入力すると、車種の選択画面が表示されます。

見込み料金も表示されます。

2つ選択肢が表示されましたが、EXEC(高級車)の必要はなかったので、「UberX(4名乗り)」を選択。

4名乗りとありますが、荷物(スーツケースもあるため)、実際のところはこの車種だと3名までが限界でしょう。

荷物の大きさや個数も踏まえて、選択しましょう!

空港によっては、ターミナルが複数あるときもあるので、細かく指定します(以下はターミナル4を選択)。

「配車を確定」ボタンを押すと、正式に予約が入ります。

ドライバーにこちらの登録情報が知らされ、こちらには「運転手名」「車両のナンバープレート情報」「見込み到着時間」が表示されます。

ここから課金されます。

到着を待ちます。

車の「ナンバープレート番号」が、自分が予約した車両を判別する目印になります。

もしも間違えて押しまったら、速やかに、画面下のキャンセルボタンで、キャンセルしましょう。

速めにキャンセルしないと課金されてしまいます。

スポンサーリンク

乗車するまで(待合せの乗りばへ)

空港内の待合せ場所は、タクシーやバスなどの公共交通とは異なる「一般車両」の場所でした。

空港のスタッフに場所を聞きながら、「Private Hire」とか「Mini Cab」などの表示を目指して進みます。

ウーバー uber  待ち合わせ ヒースロー ターミナル4 のりば

ウーバー uber  待ち合わせ ヒースロー ターミナル4 のりば

ウーバー uber  待ち合わせ ヒースロー ターミナル4 のりば

待合いエリアに到着すると、ほかにもUberを待っているらしき人たちがたくさん。

ロンドンでは地元民の間で、かなり多くUberが利用されているようです。

それらの人たちは、とても慣れた感じで車の№プレート番号や運転手を確認し、そそくさと乗車してゆく感じでした。

ウーバー uber  待ち合わせ ヒースロー ターミナル4 のりば

ウーバー uber  待ち合わせ ヒースロー ターミナル4 のりば

待っている間でありがたいのは、渋滞などで予定到着時間が遅れる場合、スマフォに表示されること。

「あと○分で到着予定です」というのが細かく分単位で、かなり正確に表示されるので安心できました。

ドライバーのプロフィール、口コミ、顔写真も閲覧できます。

待っている間、ドライバーのプロフィールや評判などをじっくりと拝見。

スポンサーリンク

乗車中

車が到着。アプリで見たとおりの車種、車の色、№プレート番号!!

運転手さんの見た目印象は、写真と少し違う感じ。

乗車時に運転手からは、行き先の再確認がありました。

イギリスでは地名や番地は、郵便番号でほとんど特定できるようで、アプリで表示される位置情報の「6桁の郵便番号」も聞かれました。

ウーバー uber タクシー

いよいよ出発!!

かなり評判の良いドライバーにあたったようで、礼儀正しく、まじめそうな人でした。

特に会話などはなく、淡々と運転しています。

高速道路でスピードを出しすぎているようだったら、「Could you slow down please ?」って言おうと思って、英会話の準備をしました。

が、それを言う必要はないくらいの適度なスピードで運転。

ウーバー uber タクシー

移動中もアプリをチェック。

「安全性を高めるツールキット」というのがあったので、開いてみました。

過去にUberではいろいろなトラブルもあったようで、現在はドライバーの信頼性や評価システム、緊急時の対応には、かなり注力、配慮をしているようです。

スポンサーリンク

乗車後(支払い等)

目的地へ到着!!

タクシーのドライバーさんと同様、お願いせずとも荷物を車から取り出してくれました。

ウーバー uber タクシー

乗車後、ほどなくして料金の領収メールが届きました。

安い!!明朗会計。

見積範囲内の38イギリス・ポンド程度。

通常のタクシー利用だと50~60イギリス・ポンドくらいはかかるでしょう。

タクシーを利用した場合と比べて、2~3割くらい安い感じです。

(タクシー利用の場合との料金比較ツールはこちらから)

ドライバーさんの評価は「たいへん良い★★★★★」の最高で評価。

スポンサーリンク

Uber利用時の注意点

基本的には予約から待合せ、支払いまでのすべてをアプリで完結できるサービスです。

しかし、もしものときは、ドライバーと英語でコミュニケーションを取れるくらいの英語力は必要かと思います。

また、Uberは運転手の信頼性や評価システムについては、かなり配慮がされていますが、どんなに素晴らしいドライバーでも、自動車事故がゼロとは言い切れません。

「シートベルトを締める」「なるべく助手席ではなく後部座席に乗る」などの注意をしておきたいものです。

そして、万が一、乗っている車両で交通事故が起きてしまった場合、運転手が加入している自動車保険やUberの補償だけでは、十分とは言えない可能性もあります。

そのため、海外旅行保険には必ず加入しておきたいものです。

(参考)Uberの安全性安全への取り組み(公式サイトより)

スポンサーリンク

おわりに

サービスの開始から約10年。

特にこの2~3年で急速に世界へ広がり、ロンドンのような大都市では、市民生活に必要なツールの一部となりつつあるようです。

結論からして、タクシー利用と全く変わらず快適。

一度利用したことで、利用の心的ハードルがとても下がりました。

Uberが海外旅行中の移動選択肢の一つに加わったのは、とても良かったです。

これからも気軽に使ってしまうと思います。

スポンサーリンク